スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3/23 宇部公認レポ

 ゜-゜) ドーモ、バーチャルネット菌類ふみぞうです。
 ;'-') ふみぞうが二ヶ国語を使ってるよ!?
 =w=) 覚えたての言葉を使ってみたいお年頃だからな。初々しいだろう。
 ;'-') えー。

 仮想現実菌類。ふみです。
 さて、今回はいけるかどうか怪しいという話をしていた宇部西岐波で行われた公認大会に参加してまいりました。
 結果は以下のとおり。

1回戦 VSさぶろうさん ××
デッキ:人形+遊泳弾のバーンデッキ
 人形を場に展開し、破滅の呼び声リターンイナニメトネス遊泳弾12弾衣玖で引っ張り上げて攻撃してくるコントロールよりのデッキでした。
 久しぶりに、「打点は足りるはずなのに壁が抜けない」という状況に直面。結果的に相手の場の展開力に負けてしまった感があります。

2回戦 VSフランドール・スカーレットさん ○○
デッキ:タッチ山焼きの装備ビート
 まだVISIONを始めてほとんど間もなく、6弾・10弾ともらいもののカードで組まれていたとのことです。
 久しぶりに萃香+燐禍術のコンボでビートダウンした感じの試合になりました。
 カードプールの少ない状態とはいえ、1弾フランが湧き出してきたときにはドキリとしました。単純にデカくて強いので、放置しておくわけにもいかない相手。一気に攻め立て勝利をいただきました。

3回戦 VSテトリミノさん ○○
デッキ:墨守+神コントロール
 ゜-゜) おい……身内かよ……周南でやれよ……。
 ……というわけで、最後はよく見知った人との対戦で終了でした。
 試合内容としては、こちらがすばやくカードを手札に揃えることができたため、相手が展開する前に一挙にビートダウンした感じになりました。山焼きはやはりサブであることをよくよく痛感しました。デッキは50枚だがライフは25しかないのでありますぞ。
 しかし、墨守を展開されるとドキリとするのは確かですし、こちらはキャラをプレイするだけでなくスペルかコマンドを使用しなければならない都合上、相性としてはあまり良くない相手。速攻をかけられたのは幸運だったように思います。

 というわけで2-1、7人参加で順位発表はありませんでしたが、おそらく4位か5位ぐらいだと思われます(負けた試合が2位のさぶろうさんのため)。

 宇部環境の総評として、非常に緻密な構成が目立ちました。「これ」というテーマを決め、それをいかに貫き通すかを突き詰めた方が多く、速攻で「ビートする」だけではなく、速攻で「やりたいことをやる」デッキが多いことを感じました。
 今回の優勝者は墨守ビートを使用していたカノウさんでしたが、大会後宇部のプレイヤーさんの理論体系について色々聞かせていただきました。
 つまるところ、やりたいことを相手よりも早くやり抜き、お互いのデッキコンセプトの押し付け合いに勝利したほうが勝つという環境であり、同じ県内でありながらこれほど環境は違うものか……と感じさせられました。
 なかなか良い勉強をさせていただいたと思います。次はより突き詰めたデッキを作っていきたいと思います。
スポンサーサイト

菌的なバトン

 ゜-゜) mixiでVISION的なバトンが流れていたのでしめやかに参加する。
 *'-') 皆さんも是非どうぞ!


Q1 あなたの嫁は?(複数回答可)
 萃香である。他の者に浮気などしない系菌類。
 はっ……オリン=サンがこっちを見ている!? オリン=サンは猫である! 猫はかわいいが嫁ではない! ペットである! ペットであるのだ!
 実家のおくう(クソネコ・凶暴)も猫である! 猫はかわいい! 猫は正義である!

Q2 勿論、デッキに入れてますよね?
 このふみぞうが萃香デッキ以外のデッキを使うと思ったのか? 答えは否! 否なのだ!
 ;゜-゜) うっ……!? なんだこの記憶は……頭が……ウワァァァァ!!!

Q3 入れてる人はそのデッキタイプを、入れてない人は好きなラーメンの味を
 萃香部分だけ切り取ると除去ビートになるのだろうか。
 9弾萃香燐禍術orプランク爆弾ででかい一発→ちび萃香で蹂躙のコンボ。9枚で完成するデッキタイプなので、後はコントロール寄りに仕立て上げる感じ。
 ;゜-゜) うっ……これはなんだ……山が焼けていく……違う! このデッキは山焼きじゃないんだ!

Q4 そう言えば、あなたの持ってるデッキの偏りをお伺いしましょうか
 好きなキャラをメインに据えようとしたデッキ。
 必ず好きなキャラはサブに追いやられるという不具合も発生。

Q5 そうなった原因は?自己分析も悪くないものですよ
 ふみぞうは駄菌だから好きなキャラでないと組む気になれないんだ……。

Q6 ああ、あなたにVisionでのトラウマはありますか?無い方は最悪のプレイミスでも結構。どちらもない妬ましい方はぱるぱるすれば良いと思うよ
 初心者に優しくワニの恐怖を説明。
 ふみぞう「このワニがスペルカードだと死ぬんですよ。じゃあ7弾フランでワニを破棄して強化しますね。スペルカードですね。ふみぞう死にますね。お疲れ様でした」
 ゜-゜) お分かりいただけるであろうか。自爆である。

Q7 嫁カード以外で、お気に入りカードはありますか?複数回答可ですが、出来れば理由も頂けると喜ぶと思いますよ
 やはり大江山悉皆殺しをあげずにはいられない。
 カードパワーは決して高くなく、むしろ低い部類であるけれど、場のカードすべてに触れられること、巨大キャラでも破棄できる安心感は、他の除去の何にも代えがたい。
 客観的には下なのはわかるけれど、ふみぞう的にはスカーレットデビルより信頼しているカード。
 セットカードがなかったり、素材が落ちなかったり、目標をはずされて失敗するのはご愛嬌。

Q8 で、そのお気に入りカードはデッキに入ってます?
 ゜-゜) もちろんだな。
 2枚に調整することもあるが、やっぱり3枚ほしい。お守りみたいなもの。

Q9 あなたの思う、今までで(エラッタ前、裁定変更前含む)の一番のぶっ壊れカードをどうぞ
 滅罪寺院傷かなぁ。
 ディバパラみたくカードを揃える必要もなく、1枚で勝敗をひっくり返される可能性があるカード。
 エラッタ入ってほしいなぁこれ。

Q10 そのカードに痛い目にあいました?
 割と何回も。
 13弾環境からの登場だけどかなり厳しい。

Q11 痛い目にあった繋がりで。苦手なデッキタイプはあります?
 メガパーミッション、絢爛、滅罪寺ソリティアなど、「極端に特化したデッキ」には弱い。
 しかし最近、そこまでガチガチの構築でなくとも極端に近い特化をするデッキが多いから生きにくい。

Q12 差し支えなければ理由を伺いたいのですが
 デッキ構築の際、自分の好みを優先させるためかガチの対策を怠ってしまっている感じがある。
 上記のデッキタイプでもハンパな構築なら蹴散らす自信はあるけど、ガチプレイヤーのガチ構築だとかなわない。

Q13 キリの良い数字なので最後の質問です。全国大会への出場予定は?出る予定の方は意気込みをどうぞ
 ゜-゜) 抽選に挑む。出場できるなら、今度はトーナメントに残りたい。昨年は焦りでトーナメントを逃したようなもんだしね。

 ゜-゜) わかるだろう。これが菌的な回答である。
 *'-') かび臭いから窓を開けるよ!
 ;゜-゜) やめろ! 胞子が! 胞子が!!

3/17 広島公認レポ

 ~ 於 菌類裁判所 第参処刑室 ~

=w=) これよりふみぞうをファックする。
/;゜-゜\ アイエエエ!? 処刑!?
*'-') どうせ有罪だから裁判は不要だよね!
=w=) ふみぞう。今度はか。
/;゜-゜\ け けっしてそのようなことは。
#'-')ノシ 今回も萃香があんまり出てきてないよ!
/;゜-゜\ くっ……。
゜-゜)ノ 異議あり
;'-')!?
/;゜-゜\ はっ……ふみぞうB!? ふみぞうBか!?
゜-゜) いかにもだ同志ふみぞうA。
#=w=) 今からAをファックするところだ。邪魔をするなB。
゜-゜) 先輩! 今回はちゃんと萃香が入っています! ゆえにこれは萃香デッキ!
#=w=) ……ファック。しかし言っていることは正しい。
=w=)_[ 無 罪 ]
/*゜-゜\ 無罪! 無罪ヤッター!
;'-') 滅菌(し)ななかった……こんなことがあるなんて……。

 ふみぞうA~H→キングふみぞう。ふみです。
 さて、今回は少しデッキを変えての挑戦となった広島公認大会。
 ぐるぐるカードと、その他の除去カードで構成された除去コンだったのですが……。

1回戦 VS 七夜さん ×○×
2回戦 VS ぺちゃさん ××
3回戦 VS ボブさん ××
4回戦 VS 妖冥さん ○○

 ゜-゜) わかるだろう。1-3である。11/12位。
 *'-') ふみぞうBはもう帰っていいよ!
 ゜-゜) 何を言っているんだこの雑菌が。この菌糸が示すとおりふみぞうAだぞ。
 ;'-') 凝固してる……。

 デッキ的な安定度は従前の萃香デッキよりはるかに高い仕様なのですが、同じカードが2枚ダマになってたり、序盤にまったく使えるカードを引かなかったり(序盤にスカーレットデビルを引き込むのはなかなか辛い)、とかくドロー運があまりに悪すぎた感があります。
 アタッカーが従前より多く2種類(普段は萃香のみ)であるにも関わらずアタッカーがこないなど、とかく運に恵まれていないとしか思えないような対戦となってしまったかと思います。
 デッキ的には悪くなかったはずなんだけどな、と思える大会となりました。

カード考察・ゑこー

 ゜-゜) ところで貴様ら、以前も聞いたが挨拶は欠かしていないかな。
 *'-')ノ 言葉はなくても脳波で語り合える!
 *∵)ノ й】㌦!
 ゜-゜) この雑菌どもが! 貴様らのどこに脳があるんだアハーン!?
 =w=) アハーンv

 アハーンv ふみです。
 というわけで、以前の記事に引き続き、こちらの考察をしてみたいと思います。

《山彦「ロングレンジエコー」》
NODE(4)/COST(3) 術者:幽谷 響子
効果範囲:その他
発動期間:世界呪符

【世界呪符】 維持コスト(1)
(自動β): 〔このカード〕がプレイされて場に出た場合、〔あなたのデッキの上のカード4枚〕をこのカードにセットする。
(自分ターン)(S): 〔このカード〕を手札に戻す。
(自分ターン)(S): 〔このカードにセットされているカード1枚〕を手札に戻す。その後、相手プレイヤーのデッキの上のカードX枚を破棄する。Xはこの効果の解決時にこのカードにセットされているカードの枚数に等しい。

 再びロングレンジエコー。というのも、ここ最近このカードのせいで負けが込んでいる感じがしますので、自省をこめて再度考察を行ってみたいと思います。
 まず、このカードにできることをおさらいしてみましょう。

・手札増強
 4枚のカードのうち1枚を手札に「戻す」能力があります。ドローではないため、ダークサイド金鉱床といったドローメタカードの対象にならず、安定して手札を増やすことができます。

・山を焼く
 手札に戻す効果に付随し、相手のデッキを削る効果を発揮します。この効果が強力なのは、相手のデッキを対象に取らないこと。つまり、カタディでは防ぐことができないということです。

 大きく見ればこの2点が、このカードを採用たらしめる理由になるかと思います。
 十凶星との大まかな違いは、「乗せる枚数が違う」「手札に戻すことで再利用できる」「コスト・維持コストが違う」「山を焼ける」「自身のカードの効果を受ける」「爆発しない」ことでしょうか。
 ここであげた違いが、実際の運用を大きく左右します。

・乗せる枚数が違う
 十凶星は10枚、エコーは4枚。自身のデッキを削る枚数が少ないため、終盤にもプレイしやすくなっています。
・手札に戻すことで再利用できる
 乗る枚数が少ない、という部分を補完することができる能力です。また、手札に戻すことで山焼きの能力をいつも高いままにとどめることも可能であるため、地味にいい効果です。
・コスト・維持コストが違う
 プレイ時に1コスト多くかかりますが、その後は維持コスト(1)のため、最悪術者なしで持たせることも無理やりですが可能となります。
・山を焼ける
 これが最も大きな違いになると思われます。ようは、勝ち筋がもう一つ追加される可能性があると書けば、このカードを大きく特徴付けている能力であるということがわかってもらえるかと思います。
 また、単純に「相手のキーカードを冥界に落とせる(=手札に加えさせない)」というのも強みです。冥界利用系のデッキに対してはあまり大きな意味をなしませんが、そうでないデッキであれば大きく戦術を阻害させることができます。
・自身のカードの効果を受ける
 十凶星の場合、イベントホライズン天文密葬法など、裏向きのカードが消し飛ぶようなカードとの共存も可能でしたが、こちらはちょっと厳しいです。術者がいれば手札に戻してからプレイしなおせばよいかと思いますが、少し隙を作ることにもなりかねません。
 もちろん悪いことだけではなく、超高密度燐禍術で山焼きの枚数を増やしたり、破滅の呼び声のエサにしたり、テクニカルな使い方も可能であるため、うまく使えばおいしい効果です。
・爆発しない
 十凶星の問題点である、場を破棄する効果が起きません。もちろん、場を破棄することを考えると十凶星を選ぶべきかとは思いますが。

 また、カタディに引っかからないため、防ぐ手段はかなり限られてきます。
 迷いの竹林でデッキを回復させる、解呪でエコー自体を破棄するなど、対処法はいくつか考えられますが、割合これが面倒です。

 *'-') ~~~(ふみぞう! 神前試合じゃ駄目なの!?)
 ;゜-゜) やめろ! 脳波を飛ばすな! 受信する!

 ……まぁ、一番簡単なのは神前試合なんですが……。
 こちらをご覧ください。
 途中でめんどくなったので日にちを区切りますが、レポートのあがっている3/2~3/10の上位デッキのうち、神前試合を採用したデッキは0でした。
 代わりに、ダメージを与えられるウォールブレイクがちらほらと見受けられ、メタカードが移って来ていることを感じます。
 即効性がなく(テキスト消失は起動効果であるため)、常時発動する効果をとめられなくなってしまった神前試合よりも、厄介者自体を場から消し去れるウォールブレイクの方がよい、ということでしょうか。

 ;'-') ロングレンジエコー採用しているデッキも1つしかないよ!
 ゜-゜) うむ。

 ……まぁ、術者とセット運用することが前提にあるようなカードであるため、単純にドローカードを入れた方が強いんじゃ……というのは非常によくわかるわけで、思うほど強くないという考え方もできます。
 これ自体というより、術者がね……。

3/9 カーキン公認レポ

 ゜-゜) ドーモ、ふみぞうの菌鉱床の中から掘り起こされたふみぞうです。
 ;'-') 布団放置したら駄目だよ! 生えるよ!

 ゜-゜) ところで今度、宇部で3/23に公認があるそうだな。
 *'-') 下見に行ってきたよ!
 ゜-゜) なかなか良い立地でありました。隅っこで震えている菌がいたら優しく手を差し伸べてください。間違っても滅菌(ファック)しないように。

 =w=) ……滅菌(ファック)。
 =w=)ノシ ~炎
 炎;゜-゜)!!
 炎ノシ;゜-゜)ノシ炎 グワーッ!!!
 ;'-') ふみぞうが消毒されてる!
 炎/ ゜-゜\炎 シュワァァァァァ……。
 ;'-')!?
 /; ゜-゜\ 危なかった……溶解しなければ即死していた……。
 ;'-') 溶解って死んでるんじゃないの?

 菌鉱床はあなたの押入れにも。ふみです。
 さて、3/9はカーキンで公認でありました。午前中、ドライブついでに宇部公認の下見のためカメレオンクラブ西岐波店を覗いてまいりました。
 しかし、そこまでやっておきながら、23日はよくよく思い起こせばシステムの入れ替えがあるので行けない可能性が高いということに気づかされました。
 ;'-') だめじゃん。

 さて、それはそうとして、夜からはカーキンでいつものように公認大会でした。
 使用デッキはいつものやつでいってみました。

1回戦 VS 2Pカラーさん ○○
デッキ:スワコめいたファンデッキ
 お互いにファンデッキでの対戦となっておりました。
 しかし、ここでふみぞうの下劣な罠が炸裂! 空間操作である!
 相手の場のキャラが制限され、結果として押し勝つ形になりました。
 手長足長さまがいたので、空間操作の対象外になるキャラが見たところでは最も攻撃力が高かったような感じだったのですが、場に出てくる前になんとかできました。

2回戦 VS ANRIさん ××
デッキ:コーラスマスタービート
 ビート、といいつつ、序盤はヤマメ樺黄小町お空で場を制圧してくる除去性能の高いビートでした。
 空間操作を展開するもこちらの響子が樺黄小町で奪われ、12弾こいしなどを並べられやられてしまいました。
 というか、またロングレンジエコーで山を削られ、あれよあれよと敗北してしまった感じです。
 エコーはドローソースでもありあちこちで見かける上、福岡公認からこれを撃たれると必ず負けているので専用の対策を練らないとな……と思いました。まさか3回とも負け試合がエコー負けというのがなぁ。

3回戦 VS テトリミノさん ○×○
デッキ:神奈子+墨守デッキ
 ある意味このデッキの真価が問われる一戦となりました。
 カウンターの雨を潜り抜けることができるか否か、ノードの補給が難しいこのデッキにおいてはパーミッションはあんまり相性が良いとはいえない相手であります。
 以前と違い、今回は人・神軸であるためフィニッシャーが神奈子であり、こちらも打点が伸び悩む(ちび萃香の打点が2になるため)上、もたつくと夢想封印されるためハラハラしてしまいました。
 そして、ついに覚醒のデメリットが発動! 干渉合戦の結果まさか萃香がデッキの底に戻ることになろうとは。

 とりあえず2-1、4/8位でありなんとか中位卓に残れたかな? というところです。
 デッキはこんな感じでした。

【キャラクター】
 13弾響子 3
 9弾萃香 3

【スペル】
 超高密度燐禍術 3
 煉獄吐息 3
 大江山悉皆殺し 3
 物部の八十平瓮 1
 カタディオプトリック 2
 ヤンシャオグイ 2
 ロングレンジエコー 3

【コマンド】
 マナの生成 3
 霞網 3
 無縁塚 2
 作戦阻止 3
 覚醒 3
 陰謀論 3
 香霖堂 3
 緑眼のジェラシー 2
 空間操作 2
 超小型プランク爆弾 3

 メディオ公認のデッキにカタディ・無縁塚を搭載し、メタ性能を上げたデッキです。
 勝ち筋は二つ、萃香中心のビートと響子中心の山焼きの二つ。キャラが2種類しかいないため空間操作で相手の場を抑制しちび萃香を大量発生させ相手をけん制していく感じですね。
 今回の反省点はこちら。

・ロングレンジエコーへの対策
 山焼きのパーツではなく、ドローソースとして当然に採用されていてもおかしくない世界呪符ですが、この効果はカタディの対象外であるため、それ以外で対策を練る必要があります。
 というのも、ロングレンジエコーを先に展開されると必要なパーツが山ほど焼ききられるため、手札が悪いままで山も少なくなるという危険な状態に追い込まれる可能性があります。
 特に、このデッキは山札を攻撃力に転換する性質上、他のデッキよりライブラリーアウトには気を遣う必要があります。

・こいしへの対策
 忘れた頃に現れるこいしをとめる手段が一応ある(響子+燐禍術)とはいえ、枚数でいえば1:5交換という大幅なディスアドバンテージを強いられてしまいます。
 一応ジェラシーが入ってはいるものの、必要なときに場に来ないのはお約束。
 何かしらの対応策が必要です。

 特に前者はどのようなデッキにも入っている可能性があるため、メインからよく対策をしておかねばならないカードです。
 迷いの竹林が一番かなぁと思いつつ、今後も考えていこうかと思います。

3/3 メディオ公認レポ&福岡公認詳細

 ゜-゜) ところで萃香が参加賞になったわけだが。
 *'-') PRカードの絵違いが参加賞になるのはいいよね!

 ふみぞう復活の要因でした。ふみです。
 さて、先日はちと酔いもあってまともに記入ができなかったため、福岡公認から詳細なレポをしていきたいと思います。

 ~ 3/2 於 春日クローバープラザ ~

 予定より1時間も早く到着してしまい、どうしようかと思いつつクローバープラザの1Fでうだうだしておりました。地方ようかいさんが到着し、会場の設営をしつつどのくらい人がくるのかなーと思っていると、あれよあれよと19人。
 しかし、先の日記にも書きましたが福岡は新しい方々の参加が多い。もしかすると単純にわたしが遠征組だからそう思うのかも知れませんが、知らない名前が大半を占めているという状況での大会となりました。

 使用デッキは最近の浮気症を懺悔するために全力で萃香を使う(しかできない)デッキ
 安定感が犠牲になっているのは覚悟のうえだったのですが、意外とこれががんばってくれました。

1回戦 VS ておすさん ○○
デッキ:難題輝夜+監視者
 デスカットが決まりまくっていたようで、後で聞くと手札に神器が5枚揃っていたとか……事故にも救われた対戦でした。
 7弾一輪を見かけたため、どんなデッキなのかと思っていたところ、4ノードに達したところで現れたのは五つの難題
 何度かカウンターで止めましたが、よくよく考えてみると難題はむしろエサ。よって、陰謀論を多数プレイできるような状態になった時点で輝夜に的をしぼることにしました。
 難題といえばミステリシルフィなわけで、そちらも当然に搭載されていました。
 一度しかアクティブになれなくなったとはいえ、ミステリシルフィは二回で十分相手のライフを削りきれるポテンシャルを秘めているわけです……とはいえ、セットカードを奪うタイミングを間違えなければ十二分に対処できる状況。失敗を繰り返さぬよう、慎重に構えてマッチをいただきました。

2回戦 VS rkさん ○○
デッキ:呪符コントロール
 リリカを2体並べられ、萃香を出すことを躊躇していたのですが……後でrkさんからアドバイスいただきましたが、萃香のセットカードをちび萃香に変換する能力は「目標をとっていません」。
 すなわち、リリカ2体では萃香をしとめられない(1体目のリリカの干渉で能力を起動すればいい)ということに気づかされた対戦でした。
 また、覚醒が大活躍した対戦でした。2マッチ目、天文密葬法起動時にちび萃香を覚醒させるという所業で破棄を免れ攻撃を防御させたりとか、萃香本体を守ったりとか色々と採用目的どおりの活躍をしてくれて満足。
 萃香1人守ればいいデッキなら、覚醒はいいお友達です。
 9弾当時から細々と続いていたプランク萃香がなかなかいい味を出した対戦でもありました。

3回戦 VS キルトさん ○○
デッキ:呪符コントロール
 呪符再び。萃香しかキャラの入っていないデッキであるためか、呪符をあらかた腐らせることができる(気をつけるべきはグレイソーマタージですが、さすがにそれはなかった)ため、萃香にセットカードをベタつかせてビートダウン。13弾神子が出てくると非常に困るデッキですが、それもなくなんとかなりました。

4回戦 VS ののけさん ××
デッキ:八雲立つ除外コン
 決勝卓では壱符・弐符紫を採用したデッキで勝ちあがってきたののけさんとの対戦。こちらが萃香ならあちらは紫めいたデッキでありました。
 空間操作がやたらと輝いた対戦でもあります。相手が序盤に展開した穣子で場が潰れ、キャラを出せなくすることに成功したりしていましたが、ロングレンジエコー八雲立つ夜での飛び道具によりボード以外の損害が増えて敗北。
 このデッキ、カタディをメイン搭載してもいいんじゃないだろうか……。

 ……こんな内容で2位になりました。
 PRのみこみこ萃香が賞品にあったのでありがたくゲット。あれを大会前に見つけていたのもテンションアップの一因だなぁと思いました。

~ 3/3 於 メディオ! 徳山店 ~

 一夜明けて、今度は地元周南での対戦です。
 デッキは昨日のものを12枚改造するという大胆な改築を行ったデッキ。
 が入って安定性が増しました。

1回戦 不戦勝
 ゜-゜)!?

2回戦 VS アルクさん ○○
 デッキ:ぐるぐるビート
 各種グルグル除去で場を焼き、早期にプレイでき弾幕キメラの術者となる12弾ぬえ9弾衣玖12弾こいしなど強力な妖怪を並べて叩き潰すビートでした。
 キャラが少ないため除去を食らうとまずいな……と思っておりましたが、早期に13弾響子ロングレンジエコーのコンビがそろい、山を焼き尽くしてくれました。
 超高密度燐禍術をロングレンジエコーに使ってもいいかな……と思っていた(萃香にはプランク爆弾もあるため)のですが、結局温存したままになりました。効果的とはいえ、少しためらってしまうのは否めない戦術です。
 2マッチ目は萃香がひたすらビート。相手の場もかなりキャラがいたため、爆弾の燃料切れ寸前までいきましたが、なんとか押し切れました。

3回戦 VS 黒ネギさん ××
デッキ:除外ビート
 再び訪れる八雲の脅威。今度はビートよりの八雲デッキでした。
 敗因の一つに、ロングレンジエコーの早期プレイからの山焼きがありました。このデッキ、福岡でも感じましたがとにかく飛び道具に対しての耐性にとぼしいため、エコーを食らうとかなり厳しい状況になってしまいます。
 一応、ヤンシャオグイで萃香を釣りやすくなったり、皆殺しの素材が落ちやすくなるという利点はあるんですが、無縁塚に悩まされながらの対戦となってしまったのも一つの問題でした。
 2マッチ目は空間操作のおかげで場を制限し、あと1ターン回れば勝てる……という状況まできましたが、ここでまさかの夢想封印 侘
 カウンターもなく、とどめを刺されてしまった感じになりました。均衡はこのようなときのために入れていたのに……と歯噛みしつつ敗北。
 攻撃を止めなかったことが大きな敗因となってしまいました。

 というわけで、連続で2位という結果に終わりました。
 萃香デッキの再生がはかれたため、全国大会に向けて大きな前進ではありましたが、さすがにそろそろ優勝したいな……と思う今日この頃です。

3/2 福岡公認レポ

 ゜-゜)
 ;'-')!?
 ゜-゜) どうした雑菌が。このふみぞうを見るのがそんなに珍しいか。
 ;'-') あれ、ふみぞう、銀色……じゃない? あれ?
 ゜-゜) あああれか。

 [;゜-゜] あのとき冷えた鉄の中に閉じ込められて、これはもう滅菌(し)んだと思ったね。
 / ゜-゜\ だが、何者かの声が聞こえたんだ。「そんな装備で大丈夫か?」と。
 ;'-') えー。
 ゜-゜) 神は言っていたんだろうね。まだここで滅菌(し)ぬ運命じゃないと。気がつけばこの通り有機物だ。
 ;'-') じゃあこの前見た銀色のふみぞうってなんだったの?
 ゜-゜) まだ体ができてなかったからな。逃げ出したんだ。ファックされると経験値もたくさん手に入るし。

 しめやかに復活。ふみです。
 さて、3/2ははるばる福岡は春日市まで遠征してまいりました。
 というのも、参加賞が今回からPR萃香になるということと、約束がドタキャンになってしまい気がつけば新幹線に飛び乗っていたというわけです。
 そんなわけで、結果はこんな感じでした。

1回戦 ○○
2回戦 ○○
3回戦 ○○
4回戦 ××

 20人参加で、3-1の2位。久しぶりに決勝卓に顔を出すことができました。
 というか、1~3回戦は運がよかったとも言えます。難題・呪符・呪符と、萃香にとっては有利な組み合わせであったのも一つの勝因と言えるでしょう。
 デッキ内容については3/3のメディオ公認を待っての考察(レポートであがってきますが)となりますが、とりあえずいつもの萃香デッキでいってみました。やはりこれが一番しっくりくるようです。

 しかし、福岡は新人さん(というか、見たことの無い方)がたくさんいてにぎわってるなーと感じました。
 今回も1・3回戦はお初の方でして、どんな実力者かとゾワゾワしておりました。
 知ってる方は基本的に超高レベルの方ばっかりなのでそれはそれでやばいのですが……。

 ともあれ、メディオ公認にむけていい弾みがついたかなと思います。
 がんばっていきましょう。
検索フォーム
訪問者数
プロフィール

ふみ

Author:ふみ
本州の端っこに震えながら生息する菌類・ふみのブログです。
趣味についてのあれこれを、徒然なるままに語っていきますので、緑茶でも飲みながらまったりとご覧ください。

管理人のつぶやき
最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。