スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

11/25 メディオ公認レポ

 ゜-゜) フウ……ようやく塩分も抜けてきた……。
 *'-') ふみぞう! 塩分はどうだったの!?
 ;゜-゜) 塩は駄目だな。我々ふみぞう属にとっては高血圧の原因にしかならない。
 #=w=) ファック! 菌の分際で高血圧とはどういう了見だアアーソ!?
 ;゜-゜) ア アッハイ なんでもありません。菌に血流は存在しませんでした。
 *'-') 混乱してるね! 隙を見せたら他の菌に寒天培地取られちゃうよ!
 ゜-゜) うむ。海に出ている間にすでに培地がなくなっていることからもそれはわかる。
 =w=) 食パン(くに)へ帰るんだな……貴様にも家族がいるだろう。

 ふみぞう旅に出る。ふみです。
 さて、塩気が抜けたふみぞうを滅菌しながらデッキを構築していたわけですが、今回は久しぶりに地元での大会に参加してまいりました。
 参加者は7名で、3回戦の大会となりました。

1回戦 VS七夜さん 2-1
デッキ:ノードロック絢爛
 いきなり飛び出してくる井の中に戸惑いつつ戦いを始めることとなりました。
 1マッチ目はまだしもうまく決めることができましたが、2マッチ目は戦車の影も見えないうちからくるみにノードを吸い取られ敗北。
 冥界等をチラ見したところ、フラワーウィザラウェイの姿も確認できたため、くるみが単純な0グレイズアタッカーというわけではないことを確認し、臨んだ3マッチ目。
 しょっぱなからとにかく14弾美鈴が大量に舞い込む展開で、とにかくライフアドを稼ぐため片っ端からプレイしては除去されることを繰り返し、一輪雲山エレンで無理やりビート。
 燐禍術+雲山で8/6まで成長したエレンが最後の一押しを決めて勝利。ウェルディストラクターがかなり成長していたため、決断が少しでも遅ければ逆に敗北を喫していたかと思います。

2回戦 VSアルクさん 1-2
デッキ:永遠亭デッキ@難題型
 五つの難題を中軸とした輝夜デッキ……と思いきや、他の永遠亭メンバーも採用されており、ただの難題デッキではない仕様でした。
 1マッチ目はいつものコンボでゴリ押ししたわけですが、2マッチからはテレメスでキャラを強奪され、自分のキャラにトドメをさされた展開となってしまいました。
 ピンさしの10弾幽香を奪われたときはさすがに死を覚悟せざるをえませんでした。
 3マッチ目も同じくテレメスを食らい、こちらもテリブルで逆利用するも届かず。夢美の6点パンチも強烈に効きました。サブアタッカーとしての意味もあっての採用でしたが、見事にこちらに対してその役目をまっとうしてくれました。

3回戦 VSAFKさん 1-2
デッキ:夢蝶と亡霊の百年祭デッキ
 ……というとどのようなデッキかと思われるでしょうが、後天性変異で魔法使いになった夢蝶と幻想の四季で生成された亡霊が並んで魔法少女たちの百年祭してくるデッキでした。
 お互いにワンショット気味、というか成立すれば問答無用でライフを蒸発させられる仕様であるため、速く揃えた方が相手のライフを溶かすことができるという謎のVISIONを楽しんでおりました。
 12弾衣玖がキーカードを引っ張ってくることができるため、かなり相性が良い感じです。
 亡霊や夢蝶がグレイズ0で10点以上ビートしてくるので、さすがにとめきれず、という状況で敗北しました。
 萃香が出れば後天性変異のセットカードをもぎ取ることもできたのですが、5ノードがひたすら遠い戦いになってしまいました。

 というわけで、1-2でした。順位はよくわかりませんが中の下ぐらい?
 反省点としては、幽香を1枚だけとはいえ組み込んだため、「萃香以外でもなんとかできる」という心の隙が生まれたことでしょうか。
 このデッキの勝率の9割ぐらいは萃香燐禍でハイビートすることで得られている(残りの1割はくるみや一輪でビートしたり、オキモノにリンカ=ジツを打ち込むことによるライブラリーアウトだったりします)ため、それを必ず達成できるようにすることが必要です。
 ヤンシャオ+燐禍術の23点ビートを即死コンボに変えるくるみ、スペルが決め手になるためそれをサポートするエレン、夢美、萃香燐禍にワンショットの破壊力を付与する雲山など、キャラはおおまかに決まってきたように思いますが、やはりそれ以外の部分が弱かったということでしょうか。
 ともあれ、より特化させる形でなければこのデッキが勝ちを拾う方法はないため、しっかりと柱を支えるカードを探していきたいと思います。
 かの高名なリアル=ニンジャであるドラゴン・ゲンドーソーセンセイも「百発のスリケンで倒せぬ相手だからといって、一発の力に頼ってはならぬ。一千発のスリケンを投げるのだ!」とインストラクションされていることからもわかるとおり、百体の萃香で倒せぬ相手であっても一発の力(幽香)に頼ってはいけませぬ。千体の萃香で攻めることで活路を見出すことができるのです。

 大会後は、大会には参加されていないもののVISIONをされている方々とフリープレイをさせていただきました。
 *'-') 新しい風の予感だね!
 ゜-゜) 是非大会にもお越しいただきたく存じますぞ。
 大会に色々な方が参加されたり、フリープレイを通じて交流を持つことができれば幸いです。
 今後もお会いすることができればお手合わせ願えればと思います。

 おそらく次回は12/7のカーキン公認に参加することになるのでしょうか。
 今後も精進あるのみ、です。
スポンサーサイト

11/10 広島公認&11/16高知公認レポ

 ゜-゜)
 *'-')? 甲標的を解体してふみぞう(本体)が出てきたけど……静かだね?
 ゜-・*:.。..。.:*・゜゚・* サラサラサラ……。
 ;'-')!?
 =w=) 見るがいい雑菌よ。あれが潮風で消毒された菌の末路だ。
 #>w<)ノシ フミゾウ ウミ ヨゴシタ! ユルサレナイ!
 ;'-') 女型がいるよ!?
 =w=) 彼女は海を愛しているからな。憤慨するのも致し方ないだろう。
 ;'-') えー。
 =w=) 南国のカツオにカビが生えていたらそれはふみぞうの仕業だ。滅菌(ファック)されるべきだな。

 さすが本場、カツオのタタキおいしゅうございました。ふみです。
 さて、そう言いつつ、まずは11/10の広島公認の結果から。
 記憶が薄れており結果のみ簡易に。

1回戦 VS すかーれっとしゅーとさん 0-2
2回戦 VS Ban Bobさん 1-2
3回戦 不戦勝
 ……というわけで、10位/13位でした。滅菌!
 前日よりファイナルさん、ののけさん、テトリミノさんと4人で調整を繰り返しており、けっこういけると思ったのですが……なかなかうまいこといかないものです。
 ジェラシーを五芒星に換装したりと除去や足回りの改造を行い、先日の高知公認に参加することになりました。

 本来なら16日に用事があり参加できるかどうかわからなかったため、最初は不参加の予定でしたが、用事が一日延びたため急遽参加を決定。
 人生初の高知来訪をVISIONに捧げたわけであります。
 広島公認の反省を生かし、デッキを多少カスタマイズして挑んだ対戦は以下の通り。

1回戦 VSリトープスさん 1-2
 1マッチ目、フィロソフィからハンデスかドローかを選び、ヤンシャオグイ・テリブル・夢美あたりで引き上げればいいかと萃香・燐禍コンビを落とした(燐禍術はもう一枚あったのもありますが)のですが、その直後に食らわせられるフォビ。
 ;゜-゜) メインフォビ!? フォビナンデ!? アバーッ!!
 しかし、1マッチ目はある意味これが勝利を招いたことになりました。ヤンシャオグイからハンデスした萃香を吊り上げ、燐禍術から1マッチ取ることができましたが、2・3マッチ目はフォビ+夢美でフォビを吊り上げられ、柱を抜かれ敗北しました。
 ナムサン! ウォール=スイカ陥落! 所詮絶壁! 

2回戦 不戦勝
 ゜-゜)旦~~~

3回戦 VSとーにゃさん 2-0
 萃香さえ……萃香さえくれば……!
 今回はうまく展開が間に合い、十凶星やくるみ・エレンからノード・パーツをかき集め、萃香を場に出して抹殺コンボを展開。
 1回戦とは違い、デッキがそれなりに良い形で動き始めてくれました。デイメアやらが飛んできてドキリとしましたが、ある程度のキーパーツは冥界に落ちても機能してくれる(拾いあげられる)ので、ハンデスを(食らうのは当然厳しいですが)ある程度受け止めつつ戦えたかと思います。
 ゜-゜) リンカ=ジツは大事に使うこと。ふみぞうとのお約束だ。

 3回戦して2-1、3位/8人でした。
 高知まで足を伸ばした甲斐はあったかなと思います。
 運よく(?)アリスコンとは当たらないままでしたが、今度はもっと地元勢とも対戦をしてみたいなと思います。
 フリープレイでは4人対戦に臨み、40点ぐらい一気に萃香で削り取るという妙技を披露。
 ちなみに、現在のデッキで最高までパンプアップすると、
攻撃力:147
(萃香(4)+ヤンシャオグイ(1)+五芒星×3(3)+雲山(4)燐禍術×8(手札に3枚、テリブルで2回、夢美で3回釣った場合:鬼火2×3枚×8回=48)+ちび萃香(セットカード29枚:3×29=87))
 まで上がるみたいです。40点はまだ序の口であるようでした。
 ;゜-゜) いやそんな出ないから。
 #'-') ふみぞう! 理想は高く持たないと駄目だよ!?
 ;゜-゜) 燐禍術3回+ヤンシャオ雲山ぐらいならやれそうなんで、本体27点+ちび萃香11枚で33=60点ぐらいならまだ現実の範囲内かもしれないが。

 菌どもの主張もまったくであります。
 さて、閉会後のアフターでは土佐の海の幸を堪能して帰りました。鯨とウツボ、カツオを堪能させていただきました。
 *'-') 海が近い県は魚がおいしいね!
 ;゜-゜) 山口も三方海なんだがそれは。
 #'-') 細かいことは気にしちゃ駄目だよ! 海に棄てるよ!
 ;゜-゜) ア アイエエエエ! 海だけは勘弁を!
 =w=) すっかり弱気になっているな……潮風が相当堪えたらしい。

【デッキの反省】
 今回、デッキに採用していた9弾空ですが、悪いカードではないのは承知の上ですが、十凶星の術者であることが逆に「場に維持したい」という欲を出して少し流れを阻害してしまったように思います。
 また、アタッカーの希薄さも問題のままです。夢美が6点攻撃できるとはいえ、防御力が低すぎるため結局殴りにいけないため、本来の目的であるスペル回収は達成できたものの、もう一つ期待していたサブアタッカーとしての役割は果たせませんでした。
 空・キクリの枠に何かをしこんで二本目の柱を作ろうか、という話をしつつ戻ってきたわけですが、一応の光明も見えたかな、という感じです。

 次回はメディオ公認。デッキを整え臨みたいと思います。

10/27 カーキン公認レポ

 >(  ゜-゜)
 ;'-')!?
 >(  ゜-゜) ドーモ、ふみぞう(改)です。九三式酸素胞子を搭載しているんだよ。
 ;'-') 海に胞子をばらまくなんて公害だよ!?
 >(  #゜-゜) 黙るがいい雑菌よ。このふみぞうを搭載すると先制雷撃できるんだぞ。
 ;'-') えー。
 >(  *゜-゜)  バイド化した甲標的。それがわたし(ふみぞう)。
 ;'-')σ[廃棄]

 提督、お願いがあるんだけどさ。あの武器( →>(  ゜-゜) )だけは、やっぱ載せないでよね。頼んだよ。
 頼まれました。ふみです。
 さて、最近つい艦これになびいている系ふみぞうですが、VISIONの方にも当然に参加しております。
 今回、ビートデッキに対する大きな課題であるグランギニョル座の怪人に対する答えを搭載したつもりでデッキを構築してみたわけですが……。

 今回は参加者4名のため全員の総意で総当たり戦としました。故に4人ですが3回戦となりました。

1回戦 VS七夜さん ○×× (絢爛ビート)
2回戦 VSせそさん ××(アリスコントロール)
3回戦 VSテトリミノさん ○○(魔理沙ファンデッキ)

 1-2でたぶん3位となりました。
 周南環境は皆独自路線を驀進するので、様々なデッキが跋扈する環境のためこれという確実なメタが刺さりにくい環境となっております。
 メインボードからカタディや神前試合といった「悪さを封じる」カードを入れる必要が出てくるのかもしれないなーと思いつつ、今回搭載してみたカードをご紹介。


《鬼声「壊滅の咆哮」》
NODE(4)/COST(1) 術者:星熊 勇儀
効果範囲:目標を取らず、複数のカードに及ぶ効果
発動期間:瞬間
 あなたは〔任意の枚数の場のカード〕を選び、破棄する。但し、選んだカードの必要ノードの合計がX以下でなければならない。Xはこの効果の解決時にあなたの冥界にある「壊滅の咆哮」の枚数の5倍に等しい。但し、Xの最低値は1とする。この効果では必要ノードの値が「-」の場合、5として扱う。また、裏向きカードの必要ノードの値は2として扱う。

 8弾で登場した場のカードすべてに触ることのできる万能除去・壊滅の咆哮。
 しかし、今回これを採用したのには、すべてグランギニョル座の怪人の存在があってからこそ。
 皆さまご存知のとおり、グランギニョル座の怪人はアリス以外のキャラすべてが人形となってしまうため、たった1枚でビートデッキは壊滅的な打撃を受けることになります。
 萃香デッキも基本的にビートダウンするため、ここの対策を怠れば即死してしまうことは明白です。
 一応ジェラシー覚醒で無理やり抜け道を作ることができなくはないのですが、それだけでは多少不足を感じたことから、今回の採用となりました。
 というのも、総合ルールに

2.4.4必要ノードとコストにNullityと記載されている場合、そのカードの必要ノードとコストはいずれも0である。

 という記載があるわけです。
 壊滅の咆哮1枚で破棄できるノードは合計1まで、1までなら何枚でも破棄できる、ということです。壊滅の咆哮1枚あれば、ノード0である怪人を何枚並べられても対応ができる、ということになります。
 干渉をはさまれる可能性が高いですがブラインドナイトバードや、永夜組の世界呪符に対しても対策を取れるため、うまく差し込むことができれば大きな効果をあげられる可能性もあります。
 もちろん、すべてのデッキがラストワードを採用しているわけではないのですが、壊滅の咆哮であれば他のデッキに対しても対応しやすいので腐りにくいかと思います。

 とはいえまだアリスコンには手が出ないのが現状。よりデッキを煮詰める必要がありそうです。
検索フォーム
訪問者数
プロフィール

ふみ

Author:ふみ
本州の端っこに震えながら生息する菌類・ふみのブログです。
趣味についてのあれこれを、徒然なるままに語っていきますので、緑茶でも飲みながらまったりとご覧ください。

管理人のつぶやき
最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。