スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

12/22 メディオ公認レポ+α

 [゜-゜] やぁ。ウォール=フミゾウだよ。ふわふわの手触りが自慢なんだ。
 ;'-') ふみぞう!? ウォール教に信仰されるよ!?
 [゜-゜] いたし方あるまい。ふみぞうは壁になったのだ。シャーレの壁にな。
 ;'-') 胞子が舞ってる壁なんて嫌だよ!

 壁の中には無数のふみぞうが! ふみです。
 さて、12/22はメディオにて公認がありました。
 午前中からふみ亭にてフリプやら調整をしており、だいたい仕上がったかな……というところで移動。
 会場にてどこかで見たような方が……。
 ;゜-゜) アイエエエエ!? たかじー=サン!?
 京都に遠征に行ったとき、一度対戦いただいたたかじーさんの姿が!
 リトープスさんが高知からいらっしゃるのは以前より聞いていたのですが、まさかの刺客でございました。
 あれよあれよと人も集まり、13人という大所帯での対戦となりました。


1回戦 VSアルクさん ××
デッキ:雨の源泉グッスタ
 久しぶりに雨の源泉を見ることになりました。
 1マッチ目から三連続で源泉を打たれるなどふみぞうすでにレイプ目。
 尖らせた仕様である萃香デッキは、グッスタのように丸い相手には非常に相性が悪い上に手札を潤沢にされてしまっては致し方ない状況。
 11弾神奈子に押し切られて敗北してしまいました。

2回戦 VS黒ネギさん ○○
デッキ:難題デッキ
 ある意味相性の勝利、といったところでしょうか。
 難題であれば萃香にはエサがあるようなもの。また、1マッチ目は夢美+壊滅の咆哮コンボがうまく機能してくれたのも大きかったです。
 今回は相手も9弾萃香が出てきたわけですが、壊滅の咆哮で退けつつ戦いなんとか勝利。
 エイジャの赤石の可能性について考えることができました。勝利以上にデッキの新たな可能性も考えられるかも?

3回戦 不戦勝
 新人さんとフリプしつつ時間待ち。
 サブデッキで勝ち、メインデッキが13弾神子に乱暴されたり、サイドボードの暴かれた陰謀が恋しい戦いとなりました。
 次回の対戦は新人さんが増えるといいな~、と思いつつ、最後は不戦勝で〆となりました。

 というわけで、2勝1敗。順位は5位以下のどこか、になると思われます。
 これにて参加予定の14.5弾環境の大会はすべて終了となりました。ちょうど一週間後には15弾が発売となり、メインデッキにどのようなカードを採用していくことになるのか、今から楽しみです。

 忘年会は予告どおり、源太さんでワイワイとやらせていただきました。
 こうした集まりは、今後も折に触れて開催していきたいですね。VISIONを続けていても離れていても、知り合った仲間との交流は続けていきたいと思います。

 23日の午前中は、宿泊されたふみぞう含む6人でエンペラー戦をやったりしていました。
 ウォール=フミゾウが無残に突破され皆が乱暴され果てていくという地獄絵図が展開されることに。
 ;'-') デッキの防御力って低いんだよねー。
 [゜-゜] ウォール=フミゾウは豆腐でできているんだ。つつかれただけでたやすく倒壊してしまうんだよ。
 なるだけ序盤のキャラを厚めにしている構成にも関わらず、まったくキャラがこないという悲劇に見舞われたのもありますが、ちょっと課題を感じることができたように思います。

 ともあれ、デッキ改造は30日以降に譲るとして、31日の広島公認に参加できればしたいなぁと考えていたりします。
 ゜-゜) さらば14弾、そしてこんにちは、地獄の15弾。
 *'-') 失われた希望の二の舞にならないといいね!
スポンサーサイト

VISION忘年会 ~滅菌! 菌底海峡を越えて~

*当記事は12/22までページトップに掲載しています。

 ゜-゜) 今年もあとわずかになってきたな。
 *'-') 忘年会のシーズンだよ!

 というわけで、当記事は忘年会の告知記事となります。
 年末が近づいてきたため、今年も忘年会を企画しております。日程等は以下の通り、告知いたします。

【日時】
 平成25年12月22日(日) 18:00開始予定(2~3時間程度の予定)
 メディオ公認後開始いたします。公認の参加人数しだいで、多少開始が遅くなる可能性もあります。


【場所】
 お好み焼き屋「源太」 ・・・ 周南市野上町2-16 堀の内ビル1F


【会費】
 3,000円。アルコールを飲みたい方は+1,000円。
 大人数の場合、コースにするより単品を頼む方が安く上がるとの話を聞いているので、3,000円×人数分まで適当に頼み、予算オーバーになりそうになったところでストップをかけてもらう形をとりたいと思います。
 なお、予算が余った場合人数割してキャッシュバックします。
 アルコール組の+1,000円についても、計算簡略化のためすべて合計してキャッシュバックいたします。


【その他】

・参加人数について
 実は日曜日は定休日なのですが、人数が多ければ特別に店を開けてくれる、というご配慮をいただきました。
 最低でも8~10名程度のご参加が無い限り、同日で開催はいたしますが会場が変更になる可能性があります。

・忘年会後について
 忘年会終了後、スペースの都合上人数は制限されますが、ふみ邸にて宿泊が可能です。
 なお、ふみ邸の近くにはスーパーもあるので、適当に何かを買ってきてもOKです。
 昨年は7名の宿泊があり、割とぎゅうぎゅうでした。ホモォしたりしないようにお願いします。
 なお、ふみ邸は腐海なので5分で肺が腐って死ぬ可能性があります。ご容赦ください。

12/3 宿泊者5名+ふみぞうとなりましたので、一応宿泊は〆切りたいと思います。どうしてもという場合はメッセージ等でご相談ください。

・会場までのアクセス
 今のところ、わたしはメディオ公認に参加予定なので、会場からそのまま移動したいと思います。
 周囲に駐車場がないため、(確実に空いている保証はないですが)周南市役所の駐車場等をお使いください。
 公認に参加されない場合、自力で会場までたどり着いていただく必要があります。
(徳山駅から西側へまっすぐ歩いて10分弱の距離です)


【参加表明について】
 最も遅くても1週間前には人数・開催の有無を伝える必要があります。
 余裕を持って、以下のように表明について定めたいと思います。

表明〆切り:12月8日(日)23:59まで
参加表明方法:
 この記事のコメントに以下の内容を書き込んでください。

参加者名(HNでかまいません):
アルコールの有無(有の場合参加費が4,000円になります):
ふみ邸宿泊の有無(あまりに多い場合先着順とします):

 以上の内容が書き込まれ、コメントが公開されたことで参加表明したことになります。
 わたしへ言付けることでもOKですが、コメントを書き込んでいない場合わたしが忘れている可能性があります。あまりに反映がない場合催促してください。
 なお、公開されていない場合参加表明をしていないと同じに扱います。
 なんらかのミスでコメントが反映されていない場合、再投稿をお願いします。


 飛び入り参加は(よほど人数が多くならない限り)可能とのことでしたので、仮にコメントし忘れても当日参加は可能です。なお、VISIONを引退した方でも特に参加を妨げることはありません。久しぶりに語り合いましょう。
 ただし、状況によっては参加をお断りする可能性(参加者・宿泊人数が多すぎる場合)が出てきます。可能な限り事前にコメントください。

゜-゜) 以上、忘年会の要項でした。
*'-') 書き込みよろしくお願いします!

12/15 広島公認レポ

 ゜-゜) アハァァァァァァアv
 ;'-') うわっキモッ
 #゜-゜) のっけから挑発的じゃないかこの雑菌が。一本ずつ丁寧に菌糸を分解するぞ。
 ;'-') そんなこと言われても……広島で何してきたの?
 ゜-゜) まぁ色々あったんだ。

 というわけで、12/14は広島にて忘年会? に参加してまいりました。
 もみじ亭にて食事後、カラオケで喉を潰すなど久しぶりに楽しい時間がすごせました。VISION関係とはまた別の、スタッフ関係中心でしたが、話して楽しめる時間はとても大事だと思います。
 今度は同人会にも、また別の形でアプローチしていければなぁと考え中。
 まぁ、来年の今頃はいったいどうなっているのか、先行きは見えないわけですが。

 さて、そんな忘年会から一夜明けて12/15は広島公認でした。
 実は12/13は課の忘年会、12/14の昼は車検と組合のパーティ準備に追われ、前回のカーキン公認からほんの少しだけデッキをいじっての参加となったわけです。
 5枚のカードを入れ替えて臨んだ対戦となったわけですが、対戦は以下の通りとなりました。

1回戦 VS柾木 肇さん 2-1
デッキ:ぬえチルバタフライストーム
 ぬえチルノにみすちー&ブラインドナイトバードバタフライストームリグルと多彩な妖怪が殴ってくるデッキでした。
 みすちー&ブラインドナイトバードはエラッタがかかったといえ健在。気づけばかなりのライフを削られてしまい、落としたマッチはそれでほとんど削りきられてしまった感じでした。
 また、アイシクルマシンガンを強奪して使うなど、セットカードを利用させてもらったのも大きかったように思います。セットカード全般に対してはメインからメタを張っているようなものなので、ここぞとばかりに使わせていただきました。

2回戦 VSもりながさん 2-0
デッキ:グランギニョルコントロール
 1マッチ目をとった際にリターンイナニメトネスが見え、グランギニョルで場を止められてしまった上、萃香が3枚とも冥界に落ちてしまうという状況。
 1マッチ目で活躍したのは夢美壊滅の咆哮のコンボでした。採用されていたカードが5ノード以下のものが中心であったため、夢美で壊滅の咆哮を何度もリサイクルして場を壊滅させていく……という、一応想定した範囲の運用ではありますが、除去コンのような動きをして勝利。
 2マッチ目は萃香にがんばってもらいました。
 今回、いくつかあるスペル除去の中からあえて壊滅の咆哮を選んだのは、場の置物にも触れることのほか、まさにグランギニョルを想定してのことでしたが、うまく動いてくれた印象です。

3回戦 VSみきさん 2-0
デッキ:山焼き
 実は大会でよく顔を見てはいても、対戦したことはほとんどなかったみきさんとの決勝戦。
 序盤からくるみがやたらと着てくれたこともあり、ウィニー気味に殴り続け勝利をもぎ取りました。
 とはいえ、最終的にはヤンシャオ+萃香のコンボでライフを削りきる形にはなりましたが。
 2マッチ目も、ロングレンジエコーのプレイに反応して出した夢美がくるみに打点を沿え、ひたすら殴り続けて勝利しました。しかし、1マッチ目で10弾妹紅を見てしまった以上、ドローと冥界肥やしを兼ねる十凶星をまるごとデッキから抜くなど、理想的な動きを制限させられるため、単純に初期手札に救われての勝利でもありました。

 というわけで、1位/8人。14弾環境の大会参加予定は残すところあと1回となりましたが、それまでになんとか一度華を添えることができたかと思います。
 今回は久しぶりにデッキレシピを公開してみたいと思います。

3,669,くるみ
2,791,雲居 一輪
2,792,雲山
3,1253,エレン
3,687,伊吹 萃香
3,1266,岡崎 夢美
2,445,禁弾「カタディオプトリック」
2,364,想起「テリブルスーヴニール」
3,354,鬼火「超高密度燐禍術」
3,605,鬼声「壊滅の咆哮」
3,717,焔星「十凶星」
3,956,邪符「ヤンシャオグイ」
3,075,マナの生成
3,737,神秘の卵
3,1203,霞網
3,092,強引な取引
2,236,覚醒
2,988,最後の選択
2,079,情報戦
--
3,1249,紅 美鈴
2,323,八雲 藍
3,357,審判「浄頗梨審判」
2,579,暴かれた陰謀

 基本的には神秘の卵→くるみ(雲山がいれば一輪)→エレン→十凶星→萃香(+冥界や手札からのキルパーツ)という手順で展開し、ワンショット気味に相手を倒すデッキです。
 サイドはウィニー・速攻用の美鈴、パーミッションがきつい相手への5弾藍、最近やたら多く感じる幽霊ビートへのメタで浄頗梨審判、最近見ないとはいえ怖い相手である5弾神奈子13弾神子への対策を主眼に据えた暴かれた陰謀、というラインナップです。
 周南環境には「カタディをメイン積みする」という構築理論があり、最近はわたしもその理論を取り入れています。だいたいはサイドに入っているカタディと、同じくサイドに入りやすい無縁塚の変わりに採用した最後の選択をメインから投入することで、サイドボードをより個々のメタに対して使えるようにしてみました。
 今回活躍が見られたのは暴かれた陰謀。実は、最近ビートの大敵である14弾美鈴に対し、破棄を迫ることができるカードでもあるため、意外と腐りにくく活躍してくれたように思います。
 今回、序盤の足止め用の五芒星を霞網に、萃香でしかけるときの補助に情報戦を採用してみましたが、この5枚が調整枠になりそうな感じです。この辺りがうまく構築できれば、より足回りの強化ができるかなぁと考案中。
 22日にはもう少し改良したデッキを使いたいところです。

12/7 カーキン公認レポ

 ゜-゜) ウェヒヒヒ……こころちゃん……。
 ;'-') ああ……駄目な状態になってる……。
 #゜-゜) 何を言うか雑菌よ。新たなコロニーの苗床となるべき器物を見出したのだ。これを喜ばずにいられるか。
 ;'-') 萃香はどうなったの? あんまり浮気してると皆殺しにされるよ?
 ゜-゜) すゐかか……彼女を構成する液体はほぼ酒でできている。わかるだろう。
 ;'-') 違うと思うけど……。
 ゜-゜) 酒とはすなわち菌の力で生まれし飲み物。人間と鬼が同じであればその構成分の60%は水分、すなわち酒なのだ。わかるか。
 ;'-') えー。
 ゜-゜) つまり萃香の60%は菌でできている。すでにこのふみぞうと萃香は60%ぐらい同体! すでに彼女にはコロニーを形成しているも同然なのだ。わかるか雑菌よ。
 ;'-') わかりません。
 ;゜-゜)
 ;'-') ……。
 ゜-゜) まぁどうでもいい。こころちゃんは器物。それでいいじゃないか。

 よくありません。ふみです。
 さて、12/7は久しぶりにカーキンでの公認に参加してまいりました。
 今回は9人の参加となり、4回戦の対戦となりました。

1回戦 VSすかーれっとしゅーとさん 2-0
デッキ:幽霊ビート
 いきなり1回戦からぶち当たり。最近負けが込んでいる相手なので、是非ここで勝利を……と臨んだわけです。
 芳香が現れたことから、サイドボードから対幽霊用兵器・浄頗梨審判を投入。
 相手の主力が現れる前に萃香コンボで一挙に攻勢をかけ勝利をいただきました。

2回戦 VSゆきちさん 2-0
デッキ:レミリアディスティニー
 VISION初心者さんということですが、油断せずくるみで攻撃、メインギミックであるスカーレットディスティニーをプレイされる前に一気に攻撃、勝利。
 ギミックが1マッチ終了後に手札に見えたため、2マッチ目は大急ぎでした。

3回戦 VSせそさん 2-0
デッキ:幽霊ビート
 1回戦に引き続き幽霊ビートとの対戦となりました。
 妖夢がガンガン出てきて攻め上げられてしまい、2マッチ目はかなり頭をひねりながらの対戦となりました。
 最終的には14弾美鈴で稼いだライフ、テリブル燐禍術を引き上げなんとか勝利。
 かなりきわどい戦いでしたが、なんとか勝利をいただきました。

4回戦 VS妖冥さん 1-2
デッキ:幽霊ビート
 妖夢寄りに構成された幽霊ビート、今回3回目の対戦となりました。
 1マッチ目は萃香コンボで取ったものの、2マッチ目は萃香がなかなか現れず、3マッチ目はとことんまでカウンターを食らい萃香が出せず。壊滅の咆哮夢美コンボで場をなぎ払うも、最終的に妖夢×2にひき潰され敗北。
 3マッチ目がかなりの接戦となりましたが、最終的にノードも完全に枯渇した状態となり手も足も出ない状態となってしまいました。

 というわけで、2位/9人となりました。
 幽霊ビートが多く、妖夢+衛星斬の組み合わせがかなりの難敵でした。
 今回、幽霊ビートを警戒して浄頗梨審判をサイドに忍ばせたのですが、特に妖冥さん戦では14弾幽々子や妖夢をなぎ払うのにかなり効果を発揮してくれました。
 スペルカードゆえ、奇襲・速攻で飛び出してくる幽霊相手にはしんどい場面も多かったのですが、場に出した後に倒す際には大きな効果を上げてくれました。
 実際、幽霊ビートの破壊力はハンパなく上がってきており、また安定性も高くなっているため、第一メタとして対策をよく考えておく必要があると思われます。

 15弾環境まであと何回か大会もあるため、14.5弾最後の華を咲かせるべく精進したいところです。

カード考察・新弾カード追記

 ゜-゜) 風邪引いた。
 ;'-') 菌の分際で風邪を引くなんて高等だよ!?
 #゜-゜) 黙るがいい雑菌よ。貴様のような有象無象にはわからんだろうが菌糸はデリケートなものなんだぞ。
 ;'-') 菌糸持ってるけどそんなに弱くないよ?
 ゜-゜) まぁそんなことはどうでもいい。最近すぐ風邪引くんだがなんとかならんのか。

 鼻が痛むほどにはなみづがでまする。ふみです。
 風邪に負けぬようと書いたら12月しょっぱなから風邪引きスタートという最悪な状態で仕事をしています。

 さて、公式サイト以外で発表されたもの以外に、いくつかカードが公開されていました。
 画像からの判断なのではっきり見えないのですが、だいたいのテキストを読み取ってみました。

《妖剣「輝針剣」》
 これはテキスト解読不能でした。
 4ノード1コスト、攻撃力+3される装備です。
 相手プレイヤーにダメージを与えると、カードの種類を1枚宣言し、その種類のカードを何枚か破棄させる、という効果を持っているようです。
 相手のキーカードを選んで破棄させる可能性を秘めていますが、あくまで破棄するのは攻撃を受けたプレイヤー。宣言するカードの種類しだいでは相手のアシストをしてしまう可能性もあります。
 ぱっとは思いつきませんが、たとえばスペルカードと宣言しテリブルのエサを出現させるとか、コマンドと宣言して天網蜘網捕蝶の法のダメージを発生させるとか、そういう使い方が考えられるでしょうか。

《今泉 影狼》
 4ノード1コスト、グレイズ2の4/2、先制持ちです。
 3-(相手プレイヤーの場の数)分攻撃力が増加するため、最大で7/2先制という性能になります。
 影狼専用のサーチカードを組み合わせて、相手の場をさら地にした後の押し込みに使える……かもしれません。

《アイスバリア》
 4ノード2コスト(代替レース:妖精1体)のコマンドカード。
 ターン終了時まで、場のカード1枚は相手プレイヤーのカードの効果で決死状態・破棄されないというものです。キャラクター相手にしても直接破棄を狙ってくる恐ろしい波動なども防げる優れもの。
 サニー1体が出ただけで序盤の面倒な除去を幾分か跳ね除けることができます。とはいえ、一番飛んできそうな五芒星は防げないのがミソですが。

《大祓》
 3ノード0コスト、会場PRです。デッキ1枚制限です。
 目標の「自分の場のキャラクター1枚」を対象にとっている、「相手プレイヤーの場のカードすべて」を破棄し、1ドローできます。
 今回の会場限定PRはなかなか強力。14弾幽々子や、対象に取るなら14弾レミリア密葬法などを跳ね除けることができるため、1枚しか組み入れられないとはいえ切り札的に効果を発揮してくれる心強いカードといえるでしょう。
 目標ではなく対象であること、対象にとっているカード「すべて」を一気に破棄できること、がポイントで、このカードをプレイしただけで砕け散るカードが複数発生する可能性があるわけです。
 ちなみに、干渉を入れられることは必須ですがグランギニョル座の怪人も引っ掛けることができるため、環境しだいでは普通にデッキに入れたくなるかもしれません。
 ただし、あくまで「場のカード」しか対象に取れないため、手札から奇襲・速攻を持って飛び出してくるカードには一切意味のないカードになります。一応、キャントリップ効果もありますが……。

 公開されている中でイチオシは大祓ですが、会場限定ということもあり皆が等しく手に入れられるカードだけで考えると、今回取り上げた中ではアイスバリアがいやらしいかなと思います。
 終盤になって暇そうなサニーが場にいるだけで、ノーコストのアンタッチャブル効果が発揮できるためけっこういい味を出しています。ちなみに置物を守ることもできるので、意外と活躍の場が多いように思います。
 とはいえ、メインデッキに入れるか……と考えるとちょっと微妙だったり。置物をどうしても守りたいときや、妖精デッキのお友達、程度の位置に落ち着くかなと思います。

゜-゜) だがこのふみぞうこころちゃん推し。
;'-') ふみぞう!? 浮気は許されないよ!?

ルール改定続き

~前回までのあらすじ~
 こころちゃんカード化に狂喜し、コロニーを形成するべく押入れの中にしまいこまれたこころちゃんの面を調査したふみぞう率いる調査兵団第23小隊。しかし、目前に現れた除湿剤の前に撤退をよぎなくされたのである……!

 =w=) ふみぞう! 貴様今回の調査で何を得て帰ってきたんだアアーソ!? ちゃんとこころちゃんにコロニーを形成してきたんだろうな!? 
 ;゜-゜) もちろん……いや……今回の調査で我々は、いや、今回も……くっ……何の成果も得られませんでしたぁぁ! 私が無能なばかりにただいたずらに菌を死なせ、コロニーを形成することが、できませんでしたぁぁ!
 =w=) よろしい。全責任を負って滅菌(ファック)されろ。
 ;゜-゜) アイエエエ!?

 冬本番、皆さまもよく滅菌に励まれ風邪など引かれないようご自愛ください。ふみです。
 さて、昨日ルール改定の記事を作成したわけですが、いくつか見落としがあったので追記していきたいと思います。
 詳しくはこちらをどうぞ。

【種族】
 小人、が追加されます。とはいえ該当するのは少名針妙丸だけでしょうし、唯一種族がまた増える感じになりそうです。

【地獄】
 カード効果で、冥界が地獄に変貌することがあるそうです。
 冥界参照等ができなくなるため、おそらく失われた希望に代わる冥界抑制として働く……のかな?

【キャラクターに適用される効果について】
 主に戦闘修正についてですが、すべての効果が適用された後、どうなっているかで判別するようです。
 11弾神奈子が出ても吸血鬼幻想があれば、一応くるみも存命できる模様。

【決死状態により破棄する場合の効果について】
 決死状態の最後にカードが破棄となることはご存知と思いますが、そのキャラクターを破棄したのは決死状態にした効果と同じである、という定義がなされました。
 例)ギャスを受けて決死状態になった場合、スペルカードの効果によって破棄された、とみなす、ということかな?

【テキストを参照する場合について】
 テキストを参照する場合、カードに書かれた単語そのものを参照する、という補足がなされました。
 ラストワードの本来のテキストには「プレイを無効」という記述がありますが、カードに書かれているのは「【ラストワード】という文字だけなので、5弾藍の効果では破棄されません。

【ラストワード】
 ラストワードの本来のテキストが以下のようになりました。
10.32.2.a(自動β)〔このカード〕はあなたの場にこのカードの術者がいない場合はプレイ出来ない。
10.32.2.b(自動β)〔このカード〕がプレイされずに場に出る場合、このカードの術者のいない場に出る事は出来ず、破棄される。
10.32.2.c(自動β)〔プレイされているこのカード〕が他のプレイされているカードの目標になった場合、そのカードのプレイを無効とし、破棄する。

 aとcはすでにありましたが、bの文言が追加。
 ざっくり言えば、今まで召喚魔術を使って場に出せていたグランギニョルブラインドナイトバードが、場に術者がいなければ場に出せなくなる、ということですね。
 一旦場に出せれば問題はないので、術者を据えておけば今までと運用は変わりませんが、召喚魔術の干渉で術者を除去されてしまうと、召喚魔術のプレイが通っても結局破棄されてしまう……なんてことになりかねません。ようは、スペルカードとしてきちんとプレイせよ、ということですね。

【ラストスペル】
 ラストワードと逆にかなりの強化がなされました。
 10.30.2.a(自動β)あなたの場にこのカードの術者がいる場合、コマンドカードのタイミングでプレイしても良い。

 今までコマンドタイミングでプレイする場合、ノードコストを満たす必要があったのが、ノーコストで使えるようになりました。
 コーラスマスターテレメス殺人鬼など、多くのカードが簡単にプレイできるようになったため、術者をまず除去しなければ……という戦略を立てる必要がでてきます。


 ラストワード、ラストスペルの変更を見るに、「スペルは術者を据えて撃つべし」という製作サイドの意図が感じられます。低コストのものや、高コストでも有益なものは術者なしでプレイされることが多いことからか、より術者とのセット採用が有利になっているように感じました。
 スペルを使うときは、なるだけ術者もペアにしていくとゲームを有利に進めることができそうです。

新カード&12/2施行エラッタ考察

 ゜-゜) ついに15弾のカードが公開されたようだな。
 *'-') 発売までもう1ヶ月ないよ! ふみぞう!
 ゜-゜) ついにこころちゃん(器物)に我々菌類が繁茂するときが来たのだ。湿気のある場所に器物を保管するとどのようなことになるのかを思い知らさせてやる……! 皆の者、繁茂(しんぐん)だ!

 ;゜-゜) なっ……バカな……菌糸が枯れていく……!?
 ;'-') ふみぞう! 除湿剤が置いてあるよ!?
 ;゜-゜) くっ……我々の進撃もここまでか……撤退! 撤退するぞ!

 保管のお供に除湿剤。ふみです。
 さて、公式サイトで新弾情報が公開され、また12/2からのエラッタ情報、ルール改定も公開されました。
 さっそく考察していければと思います。

【新弾カード】
 テキスト等はこちらから。

*秦 こころ
 *゜-゜) 器物! 器物! 器物!
 ;'-') 興奮しないでよ!? 胞子が撒き散らされて迷惑だからね!
 菌ども待望のこころちゃん、能力は冥界のキャラクターカードをセットし、そのノードしだいで様々な効果を得られるというもの。自身もグレイズ2で攻撃力6点とグレイズ効率も良い感じです。
 ベストパートナーは9弾お空でしょうか。こころの攻撃→(相手の防御)→こころ能力起動→空能力起動、の順番で起動させることにより、攻撃を素通しさせる可能性が高まります。空の弾丸を永久に供給し続けることができ、6点の打点を叩き込み続けられるとするとなかなか良い感じになりそう。
 たぶん、キャラクターカードすべて、はカードが張り付いてなくてもOKなはず……なので、このコンボで場を制圧しつつ打点を叩き込むことができるかと思います。

*星粒「スプリンクルピース」
 表向きのキャラクターの数だけバーンダメージを与えるスペル。
 14弾パチュリーを中心にした幻想生物大量展開デッキや、術者を無理なく採用できる妖精デッキなど、一気にカードを展開できるデッキには良い押し込みをしてくれそうです。

*平曲「祇園精舎の鐘の音」
 お互いのノードを3になるように調整するスペル。
 自分自身が低ノードで動いたり、マナチャージで瞬間的にノードを加速させることができれば、相手の足を引っ張りつつ自分が有利な展開にもちこめるかと思います。
 マナチャコンなど、大量にノードをためこむようなデッキなどには差し込める……かも?

*天邪鬼の虚妄
 公開されているカードの中ではかなり面倒そうなカード。
 くるみ、椛、ブラインドナイトバードなどなど、攻撃力3以下で面倒な効果を持つカードは多く、思った以上の効果を挙げることが可能になりそうです。
 また、再攻撃を行うことも可能であるため、攻撃力に制限があるとはいえ最後の押し込みにも使えるいいカードだと思われます。

*十五夜の妖獣
「'-')「 <がをー
 孤高の監視者に似た条件で発動。相手の場にキャラがいないことが条件であり、全体除去等でなぎ払った後の押し込みに使うなどの方法が考えられます。監視者と違い、相手が自分の思惑通り動くかどうかはわからないため、若干使いにくいイメージ。後は、呼び出せる影狼の強さいかんでしょうか。


 弱きもの(戦闘力が低いもの?)を強化する、というイメージのカードが多いとのことで、絢爛を利用したウィニーなどがまた流行するのでしょうか。
 ゜-゜) しかし、その弱きものは常に束になってかかってくる。1体の強きものがなすすべもなく蹂躙されていくのを多くのビジョン=プレイヤー=サンたちは目の当たりにしているだろう。
 *'-') つまり、ただのウィニー強化だよねー。

 生意気なことを言う菌どもは無菌室にて滅菌するとして、お次は12/2施行のエラッタ&テキスト修正です。
 変更部分に色をつけてみました。

【エラッタ】
*鴉符「暗夜のデイメア」
(抵抗3→0)
 目標の〔キャラクター1枚〕にXダメージを与える。この効果でキャラクターを決死状態にした場合、〔そのキャラクターのプレイヤー〕は手札1枚を無作為に選んで破棄する。Xは10から相手プレイヤーの手札の枚数を引いた値に等しい。但し、Xの最低値はとする。

 まぁなんだ……その……最低値を下げて何か意味があるのか……? というエラッタです。
 そもそも、基本的にディスカードフェイズを経由するため手札は7枚以上になっていることは少ないため、最低値が1になろうとさして大きな変更とは言えないでしょう。
 ただし、抵抗がなくなったのは大きな変更です。エレンを据えられると面倒ですが、カウンターしやすくなったのは大きいですね。

*「ブラインドナイトバード」
【ラストワード】 【幻想生物】 速攻 隠密
(自動α)〔あなたの場の「ナイトバード」全て〕は「戦闘修正:+1/+1」と「先制」を得る。この効果は重複しない。
(自動γ)〔このキャラクター〕は効果ダメージを受けた場合、ゲームから除外される。その後、〔相手プレイヤー〕に3ダメージを与える。このターン終了時に、この効果で除外された「ブラインドナイトバード」を本来のプレイヤーの場にアクティブ状態で戻す。

 今までは攻撃力準拠だったバーンダメージが3になり、相手プレイヤーを対象に取るようになったことからカタディで防げるようになりました。
 とはいえ、最速1ターン目から出てくる隠密アタッカーであることには変わりはなく、ラストワードとしての性能が完全に死んでいるわけではないのがミソ。カタディを置いている状況なら、こちらから積極的に効果ダメージを与えていくという選択肢もありえるかと思います。

*失われた希望
 ターン終了時まで、〔全てのプレイヤー〕はカードの効果でドローすることが出来ない。

(自動β)このカードが冥界にある場合、冥界にある「失われた希望」以外のカード全ては他の何れの領域にも移動させる事が出来ない。
(自動β)相手プレイヤーはメンテナンスフェイズに2支払っても良い。 支払った場合、〔冥界にあるこのカード〕をゲームから除外する。

 相手プレイヤーがコストを払うことで希望を取り戻すことができるようになります。
 冥界の利用が著しく制限を受けていただけに、冥界利用を主とするデッキはこれ1枚でかなり息を吹き返したでしょうか。
 少なくともデッキが完全に死亡することはなくなったため、時間はかかるものの戦いやすくなったかと思われます。


【テキスト修正】
*朝倉 理香子(10弾)
 耐性:魔法使い
(自動α)〔全てのプレイヤー〕はスペルカードをプレイする場合、3支払ってもよい。支払わない場合、スペルカードをプレイすることは出来ない。
(常時)1S:目標の〔「幻想生物」を持つキャラクター1枚〕を決死状態にする。

*山彦「ロングレンジエコー」
【世界呪符】 維持コスト(1)
(自動β)〔このカード〕がプレイされて場に出た場合、〔あなたのデッキの上のカード4枚〕をこのカードにセットする。
(自分ターン)S:〔このカード〕を手札に戻す。
(自分ターン)S:〔このカードにセットされているカード1枚〕を手札に戻す。その後、〔相手プレイヤーのデッキの上のカードX枚〕を破棄する。Xはこの効果の解決時にこのカードにセットされているカードの枚数に等しい。

 同時に解説ですが、ようはプレイヤー、デッキを対象に取るようになった、という変更です。
 単純にカタディに引っかかるようになった、と思うのが一番簡単でしょうか。
 理香子は先に場に出ていればカタディで防ぐことができない(5弾魔理沙等と同じ扱い)のですが、2ノードのカタディの方がまだしも先に出せる可能性は高いため、けん制をはることが出来るようになったかと思います。

【ルール改定】
 ラストワードのプレイ&場に出す効果の場合、必ず術者がいないといけないという仕様になりました。
 つまるところ、召喚魔術での術者無視プレイが封じられたということになります。
 まあ、ある意味妥当な……というか、本来ラストワードとはかくあるべき、という姿になっただけのような感じですね。

 全体的に、環境を席巻していたカード、特定のデッキを根こそぎ粉砕するようなカードに対してエラッタ・テキスト修正が入った印象です。
 週明けから、失われた希望や理香子に苦しめられていたデッキには多少なりとも戦いやすくなっていくのではないでしょうか。
検索フォーム
訪問者数
プロフィール

ふみ

Author:ふみ
本州の端っこに震えながら生息する菌類・ふみのブログです。
趣味についてのあれこれを、徒然なるままに語っていきますので、緑茶でも飲みながらまったりとご覧ください。

管理人のつぶやき
最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。