スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

序盤の潰し合い 考察

 [゜-゜] < オレサマ オマエ マルカジリ
 ;'-')!?
 ゜-゜)人 アニョハセヨー雑菌。
 ;'-') ふみぞう! 金属がしゃべってるよ!?
 ゜-゜) 皆様方の目の前にあるパソコンもしゃべるのだ。菌属がしゃべって何の不思議があろうか。
 ;'-') あれはそういう風に作られてるからでしょ!? ただの金属の塊がしゃべるのは変だよ!?
 ゜-゜) これだから夢を忘れた古い地球菌は……。

 ふみぞう、夢を語る。ふみです。
 さて、今回のお題はこちら。
「前半の除去合戦に適したカードとは?」
 当然ながら、序盤はマナチャージャー等が出てきて場を固めることになります。昔から、「サニーを見たら殺せ」という格言がVISIONにはあるように、特にマナチャージャーを除去することは、相手のアドをそぎ落とす意味でも非常に重要な行為といえるでしょう。
 では、実際どのくらい序盤で除去するのに向いたカードがあるのでしょうか。ぱっと思い立つあたりを出していきたいと思います。

【1ノード】
・疑惑の五芒星
 最序盤の差し合いならこれが代表格。1コストで、序盤ならほぼ確定除去になる優秀なカードです。破棄なのも個人的に◎。しかし、ノードが蓄積する後半になればなるほどだんだんありがたみが薄れていくカードでもあります。
・緑眼のジェラシー
 序盤から終盤まで突然現れる死の形。抵抗(3)もよし。問題は追加の手札コストで、グレイズ1でもあれば手札1枚を捨てる必要があり、これはけっこうきついです。実質1:2~3交換になるので、実は自分の方がディスアドだったという場面も多々あり。もちろん、それだけの犠牲を払ってでもプレイしなければいけない場面では、かなり心強いのですが。
・悲しき人形
 こちらも序盤から終盤まで幅広く活躍してくれます。多大なコストを支払えば大型を仕留められること、防御力をマイナスすることから決死状態とはいえ防ぎにくいこと、攻撃力が上がるので除去以外にも使い道があるなど、割と仕事の範囲が広いカードです。

【2ノード】
・11弾リリカ
 言わずと知れた除去キャラクターの代表格。防御-3は、序盤のキャラで耐えられるキャラを数える方が早いぐらいではないでしょうか。プレイ枠を使用してしまうとはいえ、悲しき人形では対処が難しい1弾サニーなどを処理できるのは強い。
・彷徨える大罪
 ノーコスト除去……ですが、自分も死ぬ。順番を考えないとひどい目にあいます。ただし、ノーコストで除去できるのは魅力。相手にキャラ展開を許してしまったときにどうぞ。
・ポイズンブレス
 相手の手札枚数依存の悲しき人形。序盤では効果が高いですが、基本的に少しずつ効果が薄れていくスペル。序盤でこれを止められるのはほぼ神仙術一択なので、止められにくいのは魅力……?

【3ノード】
・ディマーケイション
 大罪の片方だけバージョン。低ノード帯でスペル除去といえば、次のスペルと並び代表格でしょう。「スペルの対象にならない」キャラも倒せるのが魅力なので、意外なキャラをしとめたりできます。
 自分自身の弁々を倒すこともできるので、後半になっても一応仕事はある?
・イントゥデリリウム
 大罪と似たようなスペル。やっぱり0コストは魅力。
 ただし、よく盤面を見ないと自分が被害をこうむる可能性もあるので注意が必要です。
 ディマケ、大罪と違いぐるぐるアイコンなので、主にぐるコンでよく見かけるカードですね。
・天文密葬法
 多大なコストを支払ったうえ、自分自身も薙ぎ払う大味なスペル。とはいえ、破棄であること、置物も破棄できるなど、よくも悪くも範囲の広いカードです。大量展開をするデッキへの回答にもなるため、入れておいても損はなし。

 ゜-゜) ぱっと思いつくのはこのあたりだな。
 *'-') 他にもいろいろあるけど、能動的に相手を倒せるカードってこのあたりかな?
 ゜-゜) 昔は悟入幻想というカードが……うっ……頭が……。
 ;'-') (ふみぞうが苦しんでる……! トドメをさすなら今……!)
 *'-')ノシ ~【成仏得脱斬】
 ;゜-゜) グワアアアアアア!!!
スポンサーサイト

7/6 広島公認レポ

 [゜-゜]
 ;'-') ふみぞうが硬直してる……。
 ;'-')σ[゜-゜] コンッ
 ;'-')!? [゜-;;;....... サラサラサラ……。
 #゜-゜) 貴様! ふみぞうの英知の結晶を破壊するとは何事か!
 ;'-')! ふみぞう!? あれはふみぞうじゃないの!?
 ゜-゜) あれは"フミゾニウム"だ。菌属だよ。
 ;'-') 無機物?
 ゜-゜) 試験的に無機物に繁茂できる物質を練成してみたのだが……まだ硬度に問題があるな。要研究だ。

 ふみぞう 新たな金属を作る。ふみです。
 さて、最近はイベントやらなにやらでなかなか大会に参加できなかったのですが、実はこの日も用事があって出発寸前までどっちつかずな状態だったりしました。
 しかし、用事への連絡もなかったので、広島行きを決意。
 雨もけっこうひどく、何人くるのか……と思っていたところ、全部で4人の参加となりました。
 スイスドローなのも味気なし、ということで総当たり戦の3回戦となりました。

1回戦 VSみきさん 2-0
デッキ:もこ山焼き
 1マッチ目、相手が特に動きがないのをよそに淡々と萃香をプレイ、燐禍術をプレイして、萃香で殴り倒す感じに。
 インペリシャブルシューティングもプレイされ、殴れないな……と思っていましたが、虎の子の皆殺しをプレイしてもこごと破棄し、そのままアタック。
 久しぶりに萃香燐禍のコンボが決まった感じでした。

2回戦 VS亮藍さん 0-2
デッキ:幽霊ビート ~幽々子を添えて~
 なんだかやたらマナチャージが続くな……と思っていると、現れる幽々子。さすがにこうなるとどうしようもなく、敗北いたしました。
 そして気を取り直した2マッチ目、決定的な……でもないのですが、結果的に敗北につながったミスがありました。
 あまりにアレなドローだったので、十凶星を維持したターン。ようやく皆殺しをプレイできる条件が整い、玉兎をプレイ。
 ゜-゜) あ……十凶星あったわ……まぁノード増やせるしいいか……。
 そう思ったのですが、最終的にじわじわと山札が削れ、手札には燐禍術、冥界には萃香。ヤンシャオグイさえあれば逆転できるという状況……しかし、いっこうにヤンシャオグイをドローできません。冥界には1枚、まだあるはずなのに……という状況で、ひたすらドローをしながら耐えるのですが、最終的にはヤンシャオグイをドローできず敗北。
 しょんぼりしつつノードを見てみると、そこには玉兎でノードインしたカードの中に眠るヤンシャオグイ(2枚)の姿が……!
 ゜-゜) うさげ……うさげなんでカード3枚つけるん?
 ふみぞうの愚かなプレイ殿堂に入る行為となってしまいました。

~ふみぞうの菌的なプレイ殿堂~
1.マナの生成を表向きでノードセット
2.7弾フランで破棄した鰐がスペルで自爆
3.玉兎にヤンシャオグイを食われて死亡 ←New!

3回戦 VSすかーれっとしゅーとさん 2-1
デッキ:地獄龍神+らいこさんデッキ
 実は先日、6日参加できないかもですがよければ、という条件でうちに遊びにきておりました。地獄デッキのエラッタの感触を確かめる意味もあったのでしょうが、ここでふみぞうはあるアドバイスをします。
 ゜-゜) きっと龍神以外にも相手をファックするキャラがいるといいと思います!
 ふみぞうはこいし推し(耐性的な意味で)でしたが、そんなにコマンドもないし地獄になれば関係なしということもあり、雷鼓が採用されました。
 実際雷鼓の先制+貫通8点パンチは強烈でした。今回のデッキで1枚だけで即時対応できるキャラは八橋だけでした。それでも相討ち+5点の貫通ダメージを受けてようやくなんとかなるというディスアドを背負わされるわけで、処理に相当手間取りました。
 最終的には萃香燐禍でごり押しで勝利したのですが、かなりライフを削られてしまい危ない状態でした。

 結局、総当たりの結果2勝1敗の方が多発。オポの関係で同率2位となりました。
 久しぶりにVISIONした感じでしたし、デッキも久しぶりの萃香デッキで手になじむ感じでした。
 次はいつ参加になるか不明ですが、がんばっていきたいと思います。
検索フォーム
訪問者数
プロフィール

ふみ

Author:ふみ
本州の端っこに震えながら生息する菌類・ふみのブログです。
趣味についてのあれこれを、徒然なるままに語っていきますので、緑茶でも飲みながらまったりとご覧ください。

管理人のつぶやき
最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。