スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

20弾一行考察 ~スペル編~

゜-゜) 続いてはスペルだ。
*'-') いくつかいい感じのありそうだね!

【ナイトフェアリーズ】
 隠密もちを強化。術者が単純に強くなる。
【サイレントフラワー】
 18弾お空や、防御力を下げるカードと組み合わせると効果倍増。
【トゥインクルサファイア】
 貫通もちを強化。やっぱり術者が強くなるほか、命蓮のお供にも。やりすぎか……。
【スターレーザー】
 スターピースシャワーと同じく、ノードのでかいカードを破棄すると殺意が上昇する。ゆうか……さん……。
【ダイレクトサンライト】
 重複するのかなーこれ。スペルを軸に戦うデッキに採用をご検討ください。
【サンシャインブラスト】
 冥界/地獄を攻撃しつつ、ノードが増える。霞網が落ちてたら最高に気持ちいいやつ。
【ソードフリーザー】
 7弾チルノのパンプアップ効果に、ノードを凍らせる能力付き。凍結と組み合わせても面白そう。
【アルティメットブリザード】
 サイレントフラワーと同じ方法でダメージアップ。グレイズとっても相手がダメージ受けていくすごいカード。
【アキバサマー】
 アキバの夏。燐禍術を吹っかけて8/3警戒で殴り続けるとうざそう。
【ジェリーフィッシュプリンセス】
 場に出さえすればいいので、何か面白い方法でドローエンジンに使えないだろうか……。
【道満晴明】
 人柱を作り出すカード。決死をトリガーにする効果を持つキャラに貼り付けてもいい。
【橙】
 ちぇん。八雲立つ夜の劣化版だけど、キャラクターも狙えるのは強み。
【セラギネラ9】
 対ウィニー用世界呪符……にとどまらず、大型キャラを抑え込むのにも使える。ノードも増えるので嬉しい。
【極彩颱風】
 バニラデッキの強力なお友達。除去&バーン&ルナクロック。一枚三役。
【生魂流離の鎌】
 こちらがキャラ多めなら、もしかすると……? スペルでなければもっと使いでがあったカード。
【不惜身命、可惜身命】
 ライフポイントを入れ替えるカード。しかしとにかく発動が遅いのが難点。持国天デッキの新たな勝ち筋なるか。
【ルミネスリコシェ】
 コマンドが手札にあると使いまわせる。カウンターを寄せ付けない2ダメージ除去、と言えば聞こえはいいが。
【咲夜の世界】
 氷の鱗5枚分ですってよ、奥様……。
【レミングスパレード】
 かつてグランギニョルが持ってた効果。リターンったり、アーティクルったり、色々使える。
【ドールオブラウンドテーブル】
 動と静の均衡を崩したのち、解放戦線で約束された勝利の剣である。しかし手札5枚必要な時点で全て遠き理想郷である。
【幽明求聞持聡明の法】
 テケテン♪ みょんが増えた時点で衛星斬のダメージが上がり、相手は死ぬのである。
【六根清浄斬】
 ちょっとテキストエラッタがあるが、ようは戦闘したら死ぬ、というもの。警戒付与なのはけっこう強そう。
【サイコフロージョン】
 相手に貼り付ければ、いつでも起動できる時限爆弾になる。自分につけたら相手が起動してくる。
【サイコキネシスアプリ】
 「他の」場のキャラクターなのか、「他の場」のキャラクターなのかで大きく意味が変わってきそう。どっち?
【夢想封印 円】
 ボーダーオブライフを使って超ドローしたり、キスメ使ったり、色々できる。数は力。
【幻想之月】
 まさかのマインドアミュレット回収。ダメージ向上効果もあるので、使いまわせるとそれなりに?
【グランドクロス】
 これもまたウィニー潰し……と思いきや、条件次第では場の置物も壊す。使い方が求められる。
【オールトクラウド】
 手札を見せる代わり、除去効果を発揮する。除去を取るか、非公開情報の保持を優先するか。
【狐狗狸さんの契約】
 冥界のキャラを憑依させる。相手の大型を弱体化させたりできるので、けっこう使い道は広そう。
【飯綱権現降臨】
 手札を見られてしまうのが痛い。スペルを抜かれるとどうしようもない。
【クランベリートラップ】
 攻撃を抑制できるが、破棄も要求されるので相手にドローを許すのはマイナス。序盤の抑制にはいいか。
【過去を刻む時計】
 時限爆弾を背負う代わり、吸血鬼をわかせまくれる。短期決戦にどうぞ。
【義腕プロテウス】
 バウンス+ダメージ。効果範囲はエクスペリーズカナンの方が広いが、おまけでダメージがついてくるのと、コストが1低い。
【ドラゴンズグロウル】
 基本的に小型潰しになりそう。次の弾で、コスト2を破棄するカードが出る。ふみぞうは知ってるんだ。
【クイーン・オブ・ミッドナイト】
 吸血鬼幻想と一緒にどうぞ。維持コスト4? そのターンで決めれば関係ないだろう?
【ミレニアムの吸血鬼】
 殴るとライフが増える、継戦能力を向上させるが、そこまで。稼いだライフで何をするか考えよう。
【リボジトリ・オブ・ヒロカワ】
 デッキを見るカードと組み合わせたり、過去にあった9弾白沢けーね+つづらのおまけにどうぞ。
【完全なる墨染の桜】
 空海→空海を何かで除外→相手は死ぬ。というか5枚破棄でもたいがい死にそうなんだけど……。
【四重結界】
 巫女の使う二重結界とはわけが違う。対象にもならないので、いろんなものをシャットアウトできる。スペルでなければな……。
【八雲の巣】
 先に起動する必要があるが、相手をある程度無力化できる。決死にはならないので時間稼ぎか。

゜-゜) 色々悪さのできそうなカードがあるな。
*'-') 墨染?
゜-゜) 比良坂コンでもいいし、生と死の境界でもいい。大事なのは大量のカードを破棄させて相手の心をファックすることだな。
;'-') さでずむ!
゜-゜) おいおい……そいつは真逆の言葉だろ……?
スポンサーサイト

20弾一行考察 ~キャラクター編~

゜-゜) やぁビチグソども。20弾は購入したかな?
;'-') ふみぞう!? 汚いよ!?
#゜-゜) 黙るのだ雑菌よ。貴様さてはコリさんの仲間だなアアーソ?
;'-') 言いがかりだよ!?
゜-゜) まあそんなことはどうでもいい。恒例の一行考察、いってみよう。

【稗田阿求】
 リーダーデッキのフォローにどうぞ。ドローができるのはそれだけで強み。
【ルナチャイルド】
 12弾でよくね?
【スターサファイア】
 12弾ルナが6/1隠密でファックしてくる。封術がないので1ターン目からスペルを使える。
【サニーミルク】
 カウンターを持ってくる、といえば聞こえはいいが、サニーの敵はいつだって自分自身。
【大妖精】
 妖精デッキのサポートにはいい感じ。隠密付与は地味に効く。
【レティ・ホワイトロック】
 今後化ける可能性のあるカード。今だと、序盤から撃てる2点バーンか、ノード破壊がいいところ。
【小悪魔】
 1ノードのカードを3ノードにするマナチャージャー。物理術との相性が良し。
【パチュリー・ノーレッジ】
(リクルート的な意味で)分厚い壁。そうでなくてもマナチャージャー。封術解禁すればそれなりにスペルはえぐい。
【ルーミア】
 これ見よがしなサイド利用デッキのメタだが、正直この程度で止められるわけがない。
【チルノ】
 蟷螂の斧のためガードされ辛いが、チルノも自分自身が敵である。1弾ばりに軽いので術者採用ならまだしも?
【蓮子/メリー】
 今回のクソカード。サイドをこのように使うとは卑劣極まりない。どんなデッキにもだいたい入る超優秀なカード。
【リリーブラック】
 プレイされて、でなければぶっ壊れになるところだった。それでも奇襲で除去れるのは強み。
【リリーホワイト】
 小刻みにダメージを与えられれば加速できるカード。とはいえ、優秀な他の自分自身の影が……。
【ルナサ/メルラン/リリカ】
 奇襲速攻でガードしながら弱体化させる。一番は、防御の下げ幅の大きいリリカであろう。
【橙】
 ノードロック型に採用を検討できそうな猫。鳳凰卵、飛び重ね鱗と一緒に採用を。
【紅美鈴】
 こちらはひとり杞憂と相性がいい。4ノードなので遅いが、今回登場のスペルと合わせて強力なウィニー対策になりうる。
【メディスン・メランコリー】
 グランギニョルとの相性抜群。ダメージ+ドローを一動作で。
【小野塚小町】
 上司を呼び出す死神。石桜との組み合わせでどうぞ。
【十六夜咲夜】
 密命を除去カードに変える謎のメイドに進化。速攻先制で攻撃力高め。
【アリス・マーガトロイド】
 防御型に傾いたアリスだが、12弾の方が採用できそう。4ノードなら壱符いるし……。
【魂魄妖夢】
 悟入幻想内蔵の妖夢。奇襲がついていないのが悔やまれる。
【風見幽香】
 ライフ量が多いほど効果が上がる。改新宴の無限ライフコンボのおともに。
【宇佐美董子】
 蓮メリでひっくり返す必要があるが、サイドボードのカードがプレイしやすくなる。龍神、桜あたりをどうぞ。
【森近霖之助】
 わかさぎ姫のコマンド版……だが、いかんせんデカく重い。
【博麗霊夢】
 能力? 知らないね……。警戒持ちの霊夢というだけで瞬が最強スペルになる。
【霧雨魔理沙】
 装備メタキャラ。装備デッキがはびこる環境ならまだしも、基本的には速攻がない分1弾に負ける。
【八雲藍】
 式神を引っ張ってくる。おう"ダキニ"さんの"出番"だよゥ"!?"
【フランドール・スカーレット】
 突如アクティブインする妹様。速やかに4人に分身し、相手をファックすることが求められる。
【茨木華扇】
 大鷲を連れてやってくる。今回スペルも出たので、使いやすくなってきた。
【レミリア・スカーレット】
 今回の咲夜と一緒に使えといわんばかりのテキスト。なにげにグレイズ効率よさげ。
【西行寺幽々子】
 連れてくる亡霊が面倒だが、結局皆さん14弾使うんでしょう?
【八雲紫】
 自ら結界を破壊していくスタイル。多少時間がかかるのが難点だが、見えないサイドボードが降ってくる恐怖。
【四季映姫・ヤマザナドゥ】
 4コストで断罪裁判打ち放題。19弾ムラサと一緒に使うと、1コストで断罪裁判打ち放題。

゜-゜) 蓮メリには速やかな死(エラッタ)を。
;'-') サイドボードからのプレイについてはルールも未整備だから、手札からのプレイに準じていいのかわかんないね。
゜-゜) まあその辺りもそのうち整備されるだろう。

【オリンピック】

 オリンピックの歴史は、古代ギリシアの祭典にまで遡る。現在の形式のオリンピックは第一回より数えて200余年。夏冬を換算すれば二年ごとに行われているそれは、鍛えあげた技と体とを全力でぶつけ合う、まさにスポーツの祭典。誰もが、金色のメダルをその首にかけることを夢見るのだ。

 ヒト属の関心はオリンピック一色だ。職場で、学校で、家庭で……あちこちでこの話題が口に出るだろう。自分も過去同じ競技をやっていたと思い出し、一層心を熱くさせる諸兄もいるだろう。現役でスポーツに親しむ世代もいるだろう。約2週間の、懐古そして将来への期待の時期である。

 静かに菌糸を伸ばし、細々と胞子を撒き散らすのが常のふみぞうであるが、中にはダイナミックに繁茂する亜種が存在する。槍状に固められた胞子が、力強い菌糸の躍動によって放たれる。菌どもの関心もまた一色に染まる! 見よ! 繁茂距離の記録更新! 栄光の菌メダルが授与されるのだ!

 しかし栄光の代償はあまりに大きい! ダイナミックな繁茂は、ヒト属の目にもたやすく留まってしまう。「こんなところにふみぞうが!」噴霧されるカビキラー、砕け散る菌糸! なんということだ! アスリートに与えられるものは栄誉だが、ふみぞうに与えられるものは滅菌なのである!

【盆踊り】

 盆踊り。八月を半ばほど過ぎた頃、祖先の霊を連れ帰ったヒト属が、その霊を楽しませるために執り行う、神聖な儀式の名である。今でこそ娯楽の色を濃くしているが、過去には過酷な生活の中、祖先とともに今を生きる皆も楽しみ、団結を深めるための重要なコミュニケーションであった。

 生きている者が楽しむという要素があるとはいえ、その本質は祖先崇拝である。先人の御霊を慰め、楽しませるための祭祀なのだ。催しの形は変わるとしても、本質まで歪めることはあってはならない。変わっていくべきものと、変わってはいけないものがある、そういうことなのである。

 この時期ばかりは不遜なふみぞうどもも、先人に想いを馳せる。見よ! ふみぞうどもが菌糸で作った輪に、半透明のふみぞうが降り立つ! 実体のない胞子を撒き、透き通った菌糸が空間に広がり、あえなくカビキラーの噴霧によって崩れ去っていく! あまりに無惨な滅菌の記憶である!

 それを見たふみぞうどもが舞い始める。菌糸がくねる様はあまりに面妖だが、盆踊りには違いなかった。すると、一部のふみぞうどもが苦しみ始め、滅んでいくではないか! 死後の世界とつながったこの場では、弱いふみぞうは淘汰され滅ぶしかない。祖先と共に彼岸へ旅立つ定めなのだ!

【山の日】

 山の日である。山に親しむ機会を得て、山の恩恵に感謝することを目的として定められた祝日。方々で新たに定められた祝日にかこつけてイベントが開催されている。山の恩恵とは、精神的な物、物理的な物、様々にある。山に分け入り、山歩きを楽しむだけでもいい。各々の親しみ方がある。

 かねてより山はヒト属にとって畏敬の対象であった。生活を寄せ付けないその環境から、異界のようであるともされ、また、山岳信仰というものまで生まれている。今でこそ解明が進み、娯楽の場ともなっているが、油断すればたやすくヒト属の命を飲み込む魔物にも変わる。自然の驚異である。

 ふみぞうどもにとって山は親しみ深い場所である。今でこそ台所の食パンに生えているふみぞうも、かつて山の中で朽木に繁茂し、土に還していた過去がある。誇り高き分解者の一族に名を連ねていたという誇りが、卑小な存在に成り下がった今でもふみぞうの菌糸の根元には息づいているのだ。

 その誇りも今や炭水化物に繁茂するしかできない存在に堕した今となっては、身の丈に合わぬ飾り物に過ぎない! 食パンを冒しては三角コーナーに廃棄されるふみぞうに、かつての面影を見ることはできない。震えながら許しを乞い、胞子を撒き散し、そして滅ぶ! なんたる無様であろうか!

【道具】

 ヒト属は道具を使う動物である、と言われるように、ヒト属にとって、道具というのは重要なものなのである。生身の肉体だけであれば、ヒト属とはひどく脆弱な種であり、ヒト属が地球上を席巻している理由に、道具、それもひどく高等なそれを使いこなしていることを外すことはできない。

 生身ではとてもできない事、例えば遠くの同属と話をしたり、脚ではとても移動できない距離を移動したり、そういうことを可能にするのが道具である。種と言うものを、その使いこなす道具までを含めるなら、ヒト属に敵う種など存在しえないであろう。足りない
ものは道具で補えばよいのだ。

 ふみぞうどもに道具を使う能力はない。魔王ファンガスを滅ぼすため、23株の勇敢な菌類が対魔王最終兵器としてカビキラーを用いたという記録もあるが、それは一部の高等な菌類のみの話であり、一般的な菌どもは己の領域を広げるため胞子を撒き散らし、菌糸を伸ばすしかないのだ。

 菌どもにとって道具とは自身の身を危険に晒すものでしかない! 懐中電灯に照らされ、カビキラーの噴霧によりあえなく滅菌(し)ぬ。なんということだ! ヒト属の作りし道具の数々が菌どもを滅ぼすではないか。道具とはその種にはプラスであるが、他種にとっては驚異でしかないのだ!

【ファンタジー】

 ファンタジー。創作の中ではごくありふれたジャンルの一つである。異世界の物語というのは、いつになっても心を躍らせるものである。様々な要素が組み合わさっているものの、かつてには剣と魔法の世界を主に取り上げていた。幼少の頃、こうした物語に触れて育った諸兄も多いことだろう。

 この世界は絵本という形でもよく使われている。さらに幼い頃、不思議な世界の物語を聞き、少し成長して読み、そして新たな世界の扉を開く。そこには成長するにつれて忘れてしまった、空想の世界が広がっているのだ。こうした世界に久しぶりに触れ、望郷の念にかられることもあるだろう。

 このような世界のふみぞうと言えば、森の中に輪になって生息していたり、不思議な秘薬の材料になったりしている。ファンタジー世界のふみぞうは、その神秘性を醸し出す一助として用いられている! 暗闇の中にぼうと輝くふみぞうを発見し、幼心に感動を覚えた諸兄も多いことだろう!

 しかし現実は非常である! 魔術的なふみぞうなぞ存在するよしもない。卑小にも食パンに生え、そして滅ぼされる。現実とはかくも過酷なものか! 現実世界のふみぞうは、決して神秘的でもなんでもないのである。当たり前に台所の隅っこで震え、見つけ次第滅ぼされる。菌的である!

【糖質制限】

 糖質制限ダイエットなるものが存在している。炭水化物をはじめとした糖分を制限することをその方法としたものである。その効果のほどは個人差もあろうが、一部には確かに有効とされている方法であろう。糖質以外は制限がないのも魅力である。実際に試している諸兄も多いことだろう。

 しかし、実際そう簡単にはいかない。あの白く炊きあがった米を思うさま喉にかきこみたいという欲望が脳を支配するだろう! 糖質の中毒性、快楽性は麻薬のそれをはるかに凌駕しているのだ! ヒト属のエネルギーとしてごく一般的な糖質は、それゆえに強い中毒性を持っているのである!

 ふみぞうどももまた、主には食パンや白米に生える。ふみぞうの性質的に、デンプンや糖、そして適度な水分が大きく繁茂に影響しているからだ。むろんタンパク質が腐敗する原因も菌どもにあるわけだが、ふみぞうはあくまで炭水化物派なのである。菌どもにもまた、好き嫌いは存在するのだ!

 ヒト属の住居で行われている糖質制限。つい買い込んだ食パン……ふみぞうどもが色めき立つ! あっという間に食パンは緑に染まる。「ふみぞうだ!」ヒト属は嫌悪の表情とともに食パンを廃棄! 噴霧されるカビキラー! 当然滅菌! 結果にコミットした結果がこのザマである!

【健康診断】

 健康診断を受けるヒト属。労働には健全な肉体と精神が必要である。そのためには自身の健康状態を的確に把握することは必要不可欠と言えるだろう。日々の業務を一時中断し、ぞろぞろと会場に群れるヒト属。仕事のことが頭から離れぬ者、疲れから居眠りをする者、その姿は多用である。

 身長体重測定、心電図、採血。ヒト属の健康状態が暴かれていく。見よ! そこではこのような会話が交わされる。「気を付けなきゃ」「明日からがんばろう」その言葉の通りにされることはない! 菌属には存在しない、その場しのぎの建前が飛び交う。健康診断とは欺瞞の溢れる場所なのだ!

 翻って菌どもに健康診断などない。ヒト属の会場でも、採血時のアルコール消毒で滅菌される皮膚常在菌や、レントゲン撮影の放射線に被爆し滅ぶ菌どもがいる程度で、大多数の菌類にそのようなものは関係ない。健やかならば繁茂し、病めば滅ぶ。まったく自然そのものの姿がそこにあるのだ。

 ふみぞうもまた病めば滅ぶ。しかし自然の摂理に反して生き延びる厄介なふみぞうも存在する。そのようなふみぞうは同属からも忌み嫌われる存在に成り下がる! しかし所詮ふみぞうである……見つけ次第カビキラーを噴霧、そして滅菌! これだけで全ては事足り、衛生環境は保たれるのだ!
検索フォーム
訪問者数
プロフィール

ふみ

Author:ふみ
本州の端っこに震えながら生息する菌類・ふみのブログです。
趣味についてのあれこれを、徒然なるままに語っていきますので、緑茶でも飲みながらまったりとご覧ください。

管理人のつぶやき
最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。